今週のバトルスピリッツ 烈火魂 14話

バトルスピリッツ烈火魂<バーニングソウル> 第14話 『愛の名の下に!』

烈火ep14 0

THE 芋
早雲ちゃん大絶賛負け越し中。今のところS級バトラー同士のバトルでは全敗。情けないったらありゃしない。

というわけで武蔵の天下を取った兼続の手により、他勢力の一掃を開始。
おかげで利家と早雲の支配下にあったスタジアムは兼続の勢力になり、見た感じ無料開放に至った様子。
早雲曰く「やり方が強引」とのことですが、そういったことをやるだけのことはしたんですから非常識とは言えませんし、
そもそも兼続の思惑は「各自好きなようにバトスピすればいい。それが愛。」なので動機も不純とは言えません。
それを蘭丸や第六天魔王に利用されているかどうかってのはまた別問題として。

今まで佐助たちも利家組の支配しているスタジアムでは自由にバトルできなかったようですし、
劇中からの描写から察するに、スタジアムの管轄は利家本人ではなくその取り巻きが執り行っていた様子。
あのガラの悪そうな取り巻きが威張り散らしてたんじゃあ、たいそう居心地悪かっただろうなぁ、付近のバトラーの方々は。
利家自身も部下の面倒見は良くも悪くも放任主義みたいですし、自身の身に火の粉が降りかからなければ本気出さなそう。
一バトラーとしては良識人だとは思いますが、チームのリーダーにはあんまり向いてなさそう…

早雲も似たような感じ。
あくまでも彼女がチームを作ったのは「兼続に対する対抗意識」が先走っちゃって、バトスピ愛とか本質的なものが欠けているのかも。
今回の話でも「ようやく見つけた場所を失いたくない」みたいなことを言ってましたし。
バトスピのことをカードゲームというエンターテイメントではなく、自身のアイデンティティとして見ているのかな?
今回でもまた完敗に喫したわけですが、彼女がそのことに気付いているかは分からずじまい。
少なくとも彼女もリーダー向いてなさそうである。支持者がいるとはいえ一バトラーからやり直した方がいいかも。

そして幸村の方ですが… 肝心であるはずのこちらは何と言いますか。

「Sバーストとかいう効果のカードに負けた。どうしよう!」←理解できる。

「実は幸村もSバーストを発動できるカードを持っていた。」←唐突だが理解できる。

「それじゃあSバーストのカードを探そう!」←ん?

といった謎の流れに発展してしまいました。
この流れの最大の謎は、「Sバーストのカードさえ見つかれば兼続に勝てる」ような風潮になっているということです。そんな根拠どこにもありません
確かに幸村は最後の最後でクロハガネのSバーストに敗北しましたが、同じことをそのままやり返せばバトスピってものは勝てるカードゲームなのでしょうか。
利家とのバトル前の謎の特訓といい、未だ制作陣のカードの扱い方に妙なギャップを感じてしまいますな…
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/944-363f6b0c