HGBF 1/144 ドムR35 レビュー

DSC05442Domr35.jpg
HGBF 1/144 ドムR35
メーカー小売価格:1944円

大逆転裁判買いましたが、FEifの暗夜ルートをクリアするまではDLCだけポチって放置予定です。
そのFEifも進行は1日1章ペースですし、後には第3のルートも控えてますし…
ああ助けてカミラ姉さん。エリーゼでもいいよ。

というわけで、HGBF 1/144 ドムR35をレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。
・本体のデザインについて
・可動範囲について
・付属品について
・ブンドドについて
・総評

DSC05443Domr35.jpg
MS-09R-35 ドムR35

メイジン杯でのバトルでラルさんが使用するドムの改造機。
「ランバ・ラルが受領したドムを自分用にカスタマイズした機体」という設定で、全身が青系に塗装されている。
背部や胸部前面に高出力スラスターを増設し、両腕にはヒートサーベルを格納したオリジナルデザインのスパイクシールドを装備している。
ラルさんの高い技量と相まって、タツヤのアメイジングレッドウォーリアとも互角に渡り合う戦闘力を発揮する。


最終回にて土壇場で登場を果たしたドムR35が最終回ガンプラ組の中で最も早くリリース。
ドムといえば『機動戦士ガンダム』にてランバ・ラルがマ・クベから補給物資として受け取る予定だったMS。
ガンプラの設定でもそれに即しているわけですが、ただでさえザビ家支持者からの鼻つまみ者だった彼が
ここまでの特注のカスタム機を作れるような物資や予算を補給できたかは疑わしいところです。
だからこそロマンがあると言われればそうなのですがw


-Design-


DSC05444Domr35.jpg

DSC05445Domr35.jpg
フロント&リアビュー。
ドムらしく胴体から脚部にかけての太ましいプロポーションが特徴的。
濃い青と水色のツートンカラーを基調としており、カラーデザインではグフR35よりメリハリが効いてますね。


DSC05446Domr35.jpg
頭。非常に長いアンテナが特徴的。バイザーはクリアパーツでできており、モノアイはホイルシール。


DSC05447Domr35.jpg
肩の部分には胴体の前後のバーニアを繋ぐパイプが。


DSC05448Domr35.jpg
胸部には増設されたバーニアが目を引きます。


DSC05454Domr35.jpg
そして背面にもバーニアが。


DSC05455Domr35.jpg
背面バーニアは赤く囲っている部分がホイルシール。
水色の部分はともかく、灰色の部分はモールドが彫られてないという塗装派泣かせの仕様。最近こういうの多いっすね…


DSC05456Domr35.jpg
側面にはおなじみの3mm穴も開いてます。


DSC05449Domr35.jpg
肩。水色の走行が多く占めてます。真上の部分以外目立つ合わせ目はなし。


DSC05451Domr35.jpg
シールド。スパイクの部分は一体成型。先が丸まっているのでヤスリで尖らせたいところ。
下部シールドの水色の部分はホイルシール。


DSC05450Domr35.jpg
本体側の腕はこんな感じ。


DSC05452Domr35.jpg
腰。丸い灰色の部分はホイルシール。


DSC05457Domr35.jpg
後ろ腰にもバーニアを増設。


DSC05458Domr35.jpg
脚部はジオン系列らしく、左右側面に膨らんでいる造形。ホイルシールは特に使っていません。


DSC05459Domr35.jpg
足裏から。カカト近くにバーニアがある他、足裏は別パーツで色分けされています。
ただ塗装例を見るに、足裏の周りも青く塗られているのが公式設定のようですが…


DSC05472Domr35.jpg
グフR35と比較。
ダブルシールドとアンテナを継承しつつ、よりマッシブな機体に移り変わることで如何にもな「後継機」らしさを感じます。


-Movable-


DSC05460Domr35.jpg
首は上にそこそこ傾けられるほか、左右にもある程度振れます。


DSC05493Domr35.jpg
ちなみにモノアイを可動する時は一旦ヒサシのパーツを取り外します。モノアイはボールジョイント接続なので中々の高可動。
ザクシリーズと違っていちいち首を取り外さず済む点はちょっと嬉しい。


DSC05461Domr35.jpg
腕関節は90度ちょい可動。肩も90度以上動かせます。


DSC05462Domr35.jpg
引き出しもそこそこ。


DSC05463Domr35.jpg
腰はつっかかると思いきや、一回転可能。


DSC05464Domr35.jpg

DSC05465Domr35.jpg
腰は左右にも振ることが可能。


DSC05467Domr35.jpg
開脚はこの程度。気をつけないとサイドアーマーがポロリします。


DSC05466Domr35.jpg
脚関節は90度ちょい。一応膝立ちっぽいポーズも可能。

総じて本体の可動は十二分に高可動と言ってよさそう。
ただサイドアーマーや、脚関節を戻す時とかに脹脛パーツが外れたりと、細かい部分でポロリがあるのが残念。


DSC05468Domr35.jpg
後ろ腰のバーニアは独立して可動するので本体の動きの妨げにはならず。


DSC05469Domr35.jpg
ちなみに中にアームが折りたたまれている為、こんな感じで動かすこともできます。


DSC05500Domr36.jpg
何に使うのかというと、取説によれば背中のバーニアとくっつけて(ジョイント無し)高機動モードにするんだとか。
なんかもったいない使い方。


DSC05470Domr35.jpg

DSC05471Domr35.jpg
前腕部と膝の部分のクローは独立して展開できます。


DSC05473Domr35.jpg
そしてメインウェポンであろう多目的シールド。内部はこんな感じ。


DSC05474Domr35.jpg
グリップを持たせてシールドを傾ければ、スパイクを前面に出した攻撃モードに。


DSC05475Domr35.jpg
前から見るとこんな感じ。


DSC05476Domr35.jpg
さらにシールドを前後引っくり返し、グリップの部分を握らせれば内臓マシンガンによる射撃モードに。


DSC05478Domr35.jpg
でも前からよく見たら、マシンガンの銃口がヒサシで少し隠れちゃってます。これじゃ正常に撃てないですよ!


-Items-


DSC05480Domr35.jpg
左手の平手のみ。

はい、終わり!閉廷!以上!みんな解散!


-Bundodo!!-


DSC05488Domr35_20150709191830251.jpg
不肖ラルさん、戦いの中で戦いを思い出した!


DSC05490Domr35.jpg
スパイクシールドで殴って攻撃。グフよりも漢らしい武装に。


DSC05491Domr35.jpg
アニメでもアクションシーンは少なく、取説の見本写真も非常に少ないのでブンドドには少々苦労してたり。


DSC05489Domr35.jpg
バーニアが増設されてることですし、やはり突進させるのが1番強そうかな。


DSC05492Domr35.jpg
でも突進させるならダブルシールドの方が絶対強そう。


DSC05484Domr35.jpg
マシンガン発射!多分実弾武装。


DSC05483Domr35.jpg
グフR35と比べると砲門数が減ってますが、その分威力が上がってたりするんでしょうか?


DSC05482Domr35.jpg
グフの射撃武器といえばバズーカという印象が強いですが、あくまでもマシンガン。
型にはまろうとしない戦争屋のランバ・ラルだからこその武装…なのかな?


DSC05499Domr35.jpg
スパイクは小さすぎてアクションが意味不明な形に…


DSC05500Domr35.jpg
所詮は乱闘時に使う緊急武装なんだろうけど、正直スパイクよりヒートロッドがほしかったなぁ。


DSC05494Domr35.jpg
ヒートサーベルは付属してないのでグフR35から拝借。
保持面は良好とはいえず、無理矢理噛み合わせてる状態。かといってそこまで不安定というわけでもないのですが。


DSC05495Domr35.jpg
アニメではヒートサーベルによる白兵戦が目立ったいたので、付属しなかったのは不自然としか言いようがありません。


DSC05496Domr35.jpg
ちなみにwikiや取説ではヒートサーベルは存在そのものがハブられてる始末。ひどい。


DSC05497Domr35.jpg
大人げない対決。赤と青のコントラストが美しい…のかな?


DSC05479Domr35.jpg
以上、HGBF 1/144 ドムR35のレビューでした。



◆評価点
・良好な造形&可動
・モノアイ可動が楽に&可動もフレキシブル


◆不満点
・ヒートサーベル未付属
・関節を動かすとき、脹脛がポロリしやすい
・脚を開く時サイドアーマーがポロリしやすい(個体差有?)


総合オススメ度:★★★★☆

太ましくマシッブなプロポーションは迫力抜群。
可動もきちんと考慮されているので見た目によらず動きます。特に腰がよく動くのがうれしい。
ただヒートサーベルは付属せず、それによりプレイバリューの幅が狭まってしまっているのが残念。
サイドアーマーと脚関節部の強度の弱さは以前から発売されていたプラモにもちらほら見受けられていたものの、
今回のドムR35のような、大型のプラモだと関節の負荷が大きいのか、より外れやすくなっている気がします。
脹脛を繋ぐジョイント部は瞬着でダボらせておくか、いっそ接着してしまった方が遊びやすくなるのでオススメ。
サイドアーマーに関しては個体差があると思いますが、こちらもダボらせておけば大丈夫かな…?
とにかくきちんと可動するプラモなので、パチ組み段階から強度面を考慮して作った方がよさそうです。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/07/09 20:06 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(16)

色分けがカッコいいですな。
ただ、アクションが取りにくそうだから、グフの隣で仁王立ちさせたい!
[ 2015/07/09 21:04 ] [ 編集 ]

ジャイアントガトリングが似合いそうですね。
いっそのこと紅ウェポンも...
[ 2015/07/09 21:20 ] [ 編集 ]

軽装状態?

ラルさんの旧ザク&B型グフ(実はプロトタイプだとか)は原作の時点でカスタマイズされてますけどコレはちょっと弄り過ぎてギレンの野望には出れませんね(笑)


頭部の作りはドムと同じクリアパーツ仕様で安心しました(ドライセン&ドムトルーパーが残念だったんで)

モノアイギミックのヘルメット無し状態がおちょぼ口でかわいいっす♪
[ 2015/07/09 21:49 ] [ 編集 ]

レッドウォーリアーにぶつけるあたりアニメスタッフはわってるなぁと思いました
ジャイアントバズーカ付けないあたりガンプラ担当はわかってないなぁと思いました
[ 2015/07/09 22:59 ] [ 編集 ]

早速、紅ウエポン 2個 と一緒に買ってきました。

もちろん、肩バズーカ増設型にするためです。

3mm穴とHGBCシリーズが意味する所は、自由なカスタムを楽しんでねという事です。

「ガンプラは自由」、そして「ガンプラに限界は無い!」とは3代目メイジンの言葉ですが…

付属品が無い=メーカーの落ち度と、短絡的に考えるのは勿体ないと私は思います。

創意工夫をサポートするアイテムは一昔前より恵まれていますしね。

私も、もっと自由にガンプラ道を楽しみ精進していきたいと思っています。
[ 2015/07/10 00:39 ] [ 編集 ]

レビュー乙です。
私のはサイドアーマーのポロリはないんですが肩やら足首やらがユルユルすぎて腰を落としたポーズだとすぐにすっ転びますねw
まあ接着剤補強でマシになりましたが。
ヒートサーベルは変わりにシステムウエポン04の大型サーベル持たせたらなかなか似合うのでそれで納得しときましたw
一部ランナーにドムとしか表記のないものがありますけどリバイブドムが出るんでしょうか。
[ 2015/07/10 10:02 ] [ 編集 ]

「ス●ース・ハ○アー」や「ウ●フファ○グ」にも登場する有名なロボット

どうも、妹が大逆転裁判を買ったと聞いて「所でDLCはやるの?」と聞いたら…
「だうんろーどこんてんつ?」「わいふぁいってなに?」と返され驚愕するソバスチンですΣ( ̄ロ ̄lll) 
今日日ゲーム機をネットに繋がない20代が居るとは…モンハン等も「何処の馬の骨とも知らない奴とゲームは出来ない」
と言うくせにLINEはやっているという偏ったネット対人恐怖症でしたがここまでとは…

実体型ブランドマーカーを装備したドムR35ですがグフ同様に恵まれたキットですね(o^-')b
ノーマルドムでも評判だったモノアイ可動ギミック、その他の部分も順当にアップデートされているようで。
腰部のバーニアはアトラスガンダムのサブレッグみたいにもっと動けばとも思いましたが贅沢ですねw
 その一方、平手はともかく手持ち武器が一切ないのは確かに寂しいです、1stのメカデザは子供でも分かりやすく記号化されています。
ザク→兵隊みたいでマシンガンを持っている、グフ→盾と鞭を持っていてザクより強そう、ドム→ガタイが良くてバズーカを持っていて強そう.etc
…と、言った具合ですから、やっぱり本編で未登場とはいえドムのアイデンティティたるジャイアントバズーカは欲しいところです。
まぁ「ユニバーサル規格」ですから武器を買ってくれというアピールでもありますがw

このキットは仰るように原作では受領できなかったランバ・ラル専用ドムがモチーフです、しかしゲームでならばその歴史も覆すことができます。
酢ダコ様のコメントにあるように「ギレンの野望」ならば総帥(プレイヤー)の鶴の一声でドムを送ってやることができます。
その結果ガンダム撃破に成功、V作戦のユニットを拿捕することも出来ます、通常戦闘にアムロ達が現れたり2部でルラギラレたりノーリスクでもありませんが…
因みにこのゲームで専用ドムに乗るとラルさんは「グフとは違うのだよ!」と、ゲルググかギャンに乗ると「ドムとは違うのだよ!」と、言ってくれますw(;^_^A
[ 2015/07/10 12:59 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

鷹党様、コメントありがとうございます!

グフと違ってカラーリングにメリハリがついているのが嬉しいですね。
ただ関節面の保持力などには問題がありますので、仰る通り素立ちで飾るのも一興かと思います。
[ 2015/07/10 15:24 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

りくお様、コメントありがとうございます!

ドムたるもの、大型射撃装備が欲しいという方が多いようですね。
[ 2015/07/10 15:32 ] [ 編集 ]

Re: 軽装状態?

酢ダコ様、コメントありがとうございます!

>モノアイギミックのヘルメット無し状態がおちょぼ口でかわいいっす♪
おちょぼ口ですか…w 微妙なヘコみがそう見えなくはないですね。
ちなみにモノアイはノーマルドムと違って下ではなく後ろにボールジョイントがついてる為、
可動範囲がとても広くなっていますよ。
[ 2015/07/10 15:53 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

うみお様、コメントありがとうございます!

やっぱり劇中で使用していなくとも、ジャイアントバズが欲しい人は多いんですね…^^;
[ 2015/07/10 15:56 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

メイジン見習い様、コメントありがとうございます!

>付属品が無い=メーカーの落ち度と、短絡的に考えるのは勿体ないと私は思います。

その発言には同意しかねます。確かにバズーカなどのポピュラーな武装はいくらでも代替品がありますが、
ヒートサーベルなどの固有装備は代替品を用意しにくいものです。
そもそも本編で使用した武装を付属させないのは間違いなくメーカー側の落ち度でしょう。
過去にもデュナメスにビームピストルが付属しなかった際は残念な声が上がっていたようです。
確かに近年ではオリジナルガンプラを作れるよう設計はされていますが、
アニメで登場する純正のガンプラで遊びたいという層がいることも忘れてはもらいたくないところです。
[ 2015/07/11 00:28 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

アクション重視様、コメントありがとうございます!

サイドアーマーは何故か右側だけ食いつきが悪いです。右脚を広げようとするとすぐにポロリします。
過去にもサザビーの左脚だけ何故かうまく装着できなかったので、個体差だと信じたいところですが。

>一部ランナーにドムとしか表記のないものがありますけどリバイブドムが出るんでしょうか。

巷では、BFT最終回組のガンプラは今後のガンプラリリースの為の前座だとか。
(ライトニングゼータが発売されるのも、今後リバイヴ版ゼータが発売されるせいだとか…)
もしそうなら嬉しいですが、関節の保持力とかは改善していてほしいです。
[ 2015/07/11 00:33 ] [ 編集 ]

Re: 「ス●ース・ハ○アー」や「ウ●フファ○グ」にも登場する有名なロボット

ソバスチン様、コメントありがとうございます!
いったい妹様はどちらで大逆転裁判の発売情報を知ったのでしょうか…
巷の広告媒体の殆どはDLCの存在に触れていたと思うのですが…

>ザク→兵隊みたいでマシンガンを持っている、グフ→盾と鞭を持っていてザクより強そう、ドム→ガタイが良くてバズーカを持っていて強そう.etc
…と、言った具合ですから、やっぱり本編で未登場とはいえドムのアイデンティティたるジャイアントバズーカは欲しいところです。

なるほど、本編中盤でグフがザコ役に成り下がった際にはザクマシンガンを装備していましたが、
あれも一種の「ザコ演出」の為だったんですね。
ただ他のコメントでは「ジャイアントバズが欲しい!」という旨のものが数多く寄せられていますが、
私としてはそこまで重視はしていません。「ランバ・ラルであれば正規の武装がなくとも戦ってのけるだろう」と思っているので。
戦争屋たるものの格の違いこそが青き巨星の異名につながったのではないかと。だからこそヒートサーベルはきっちり付属してほしかったなぁ…
[ 2015/07/11 00:43 ] [ 編集 ]

個人的にはこのドムはイフリートの後継機としての記号も盛り込んでいる感があるんで、二刀流も格好良く決まりそうな。
それにしても白が混じると若々しく感じます。
[ 2015/07/12 10:38 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

児斗玉文章様、コメントありがとうございます!

イフリートを意識するのであれば、サーベルは欠かせませんね。それだけに付属しないのは残念です。
[ 2015/07/13 20:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/945-d78cac7a