今週の伊賀崎 天晴(20歳・無職) 20話

手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの20 『ザ・超絶!ライオンハオー』

ニンニンep20 0

20話まで来ていて黄色がキュアリズム以下の存在価値しかないというのは流石にどうなんだ
ライオンハオーによる天晴強化&下山脚本という、まさに水を得た魚のごとく天晴大暴れ回です。
同時に、今までの集大成のようなものを感じました。

ライオンハオーの求めた答えは、「手なずけるのではなく暴れさせろ」といったもの。
それに気付いてか、天晴も「皆がいるおかげで自分が暴れられる」という1つの結論に至るのでした。

このことを否定する気はありません。事実、ニンニンジャーという作品は天晴の露骨な優遇が目立つからです。
いつぞやの話でも、天晴はチームプレーのことを「仲間がいることで自分が引き立つ」のように解釈していました。
このような描写の積み重ねから、下山氏の描くニンニンジャーとは天晴のスタンドプレーが中心なのだと確信しました。
今までは話数の少なさから、「優遇はされているが、何かの前置きかも」とあくまで推測の域を出ませんでしたが、今回の話でもう確信したと言っていいでしょう。
下山氏の描くスーパー戦隊像に、「メンバー全員が一丸となって敵に挑む」という考えは存在しないのだなと思いました。

この方針が正しいか間違いかは分かりません。
前回も例として挙げましたが、キョウリュウジャーもレッドであるダイゴが中心となった脚本でした。
確かに優遇こそされていたものの、コメントの指摘にもあったようにキョウリュウジャーは敵も味方も濃い面子が揃ってましたし、
それらを取り巻くドラマや群像劇も見応えがあり、ダイゴから目を反らしても物語がきちんと出来上がっていたのです。

で、対するニンニンジャーはかというと、他メンバーの個性は圧倒的なまでに薄く(特に黄色)、
肝心の天晴自身も単に「熱さ」ばかりを押し出しているので中身が濃いとは言えません。
今回の話で天晴は5人のことを「八雲・霞は頭脳明晰、凪・風花はすばしっこい、キンジは集団行動力に欠ける」と言っていましたが、
私に言わせればニンニンジャーの面子は天晴含めて全員バカです。所詮は天晴を際立たせる為のおでんの具。
そもそも凪・風花の「すばしっこい個性」って何だよ!過去にその個性が生かされた経験ってあったか!?
ただでさえその2人は出番が少なく影が薄いのに… しつこいようだけど黄色の空気っぷりは最早救いようがない。

…とまあこのように、ニンニンジャーの場合は脚本を天晴中心に見てもモヤモヤしますし、
かといって他の面子に視線を傾けても大した魅力を感じないというのが私の主張です。個性ってほんと大事。

ついでに今回の話の要でもある、「ライオンハオーを手なずける」ことの目的は「キンジを好天の弟子にする」ことでした。
でもその肝心のキンジは前回と今回とで殆ど何もしてないと思うのですが… それでいいのでしょうか?
ついでにキンジの「集団行動力に欠ける」という点が一切解決してないのですが…

今回の話はあくまでもライオンハオーのお披露目回であり、ある程度のスタンドプレーは許容できました。
でもこの先この番組がどうなるか、やっぱり不安なところです。いやむしろ不安というか決定的なズレを感じたような…
関連記事
スポンサーサイト

ダグラムだって防弾ガラスで守られれるのに…

コックピット全開なロボを手に入れたニンニンジャーですが。
今回のパワーアップの目的を登場人物、脚本一同忘却しているのが最大の失態です。
ライオンハオーを手なずけ、好天翁に認められキンジを正式に仲間に加えることが目的だったはずです。
そうなると、レッド専用の強化パーツの販促回という構造自体が矛盾しているのですがね(-"-;A
それでも、天晴に次いでキンジを活躍させる手段はいくらでもあった筈です。
 「主従ではなく対等な仲間」として師子王を迎え入れるという天晴の精神は悪くないとは思いますが。
それが結局「ただ暴れたい」という欲求を満たすためだけの物で、他のメンバーとの連帯感は微塵も感じられません。
仰るようにおでんの時の事を繰り返しているだけなんです(-。-;)
 この孫と祖父では九衛門がグレるのも最もな気さえしますが、何か奥の手を使うようです。
「唐突な野球回があるアニメや特撮は名作」というテンプレギャグを真似するようですが果たして?

因みに私は野球とは違いますが「スペースコブラ」のラグボール編が一番好きです。
原作のコンビニコミックもそれが収録されている巻を未だ持ってます。
と、まぁ話を逸らさないとやってられません(・ε・)
[ 2015/07/12 22:18 ] [ 編集 ]

Re: ダグラムだって防弾ガラスで守られれるのに…

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

ソバスチン様が前回仰られていた「下山氏が脚本に慣れてきた」というのは間違いではないと思います。
恐らく、悪い意味でですが…w
最早脚本云々より、こんな作風を認める制作スタッフ全員に問題があると思うのですが…
もう視聴者(というか私)と制作サイドのズレは決定的なものだと思います。
いつかは軌道修正するかと思いましたが、2クール目も大詰め。この方針で行くのでしょうね。
[ 2015/07/17 15:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/947-f26ab203


手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの20「ザ・超絶!ライオンハオー!」

手裏剣戦隊ニンニンジャーの第20話を見ました。 忍びの20 ザ・超絶!ライオンハオー! 天空のオトモ忍“ライオンハオー”の精霊・獅子王に仲間になってもらうため、再び獅子寺を訪れた天晴達は二十二代目の雑賀鉄之助から好天と天空のオトモ忍の話を聞く。 鉄之助は天空のオトモ忍を手なずける方法を教えて欲しければ忍者一番刀を貸せと、天晴の刀を奪ってしまう。 そんな中、上級妖怪ヌエ...
[2015/07/12 12:25] URL MAGI☆の日記