S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークウガ マイティフォーム レビュー

Kuga_sinkocyo001.jpg
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークウガ マイティフォーム
メーカー小売価格:5400円

旬は既に過ぎてますが、ホワイトバランスの調整面とテスト撮影も兼ねてレビュー。

というわけで、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークウガ マイティフォームをレビューいたします。
・本体のデザインについて
・可動範囲について
・付属品について
・ブンドドについて
・総評

Kuga_sinkocyo002.jpg
仮面ライダークウガ マイティフォーム

炎を司るクウガの基本形態。基本カラーは赤。アイデンティティワードは「邪悪なる者あらば 希望の霊石を身に付け 炎の如く邪悪を打ち倒す戦士あり」。
身体能力のバランスに優れ、武器を持たないため素手での格闘戦を得意とする。
敵の戦法を探る時にこのフォームで戦い、敵の攻撃パターンに合ったフォームにフォームチェンジ(超変身)する戦法を取る事もある。
トライチェイサー2000・ビートチェイサー2000は主にこのフォームで運転する。
ハンドコントロールリングは封印エネルギーをゴウラムと連携した必殺技を介して流し込む時に使用される。


クウガの基本フォームがフィギュアーツ真骨彫第3弾として立体化。
かつてないほどの売れ行きの速さで多くの難民を生み出した罪深きフィギュアーツでもあります。
マイティフォームのフィギュアーツ初出は2009年。当時はフィギュアーツなんざ2000円以下で買えて、
いつ店に行ってもダダ余り状態だったのに… 多分Wの立体化あたりから流れが変わりだした。


-Design-


Kuga_sinkocyo003.jpg

Kuga_sinkocyo004.jpg
フロント&リアビュー。
プロポーションの出来栄えは最早言葉に表せないくらいの感動です。
黒スーツの質感も、角の造形も、複眼の形も… 当時クウガを生で見ていた頃を思い出します。


Kuga_sinkocyo005.jpg
早速旧版(右)と比較。最早比べようがない。
当時は旧版フィギュアーツも「細くてカッコイイ!」と思っていたのですが。こんなにも違うんですね。
ちなみに旧版クウガは私が最初に買ったフィギュアーツでして、かなり遊びつくしたので関節とかクタクタです。


Kuga_sinkocyo006.jpg
顔。旧版より角の大きさが整えられ、複眼も大きめに。装着変身時代に戻った感じ。


Kuga_sinkocyo007.jpg
斜めからも。


Kuga_sinkocyo008.jpg
ベースカラーはツヤ有りの赤色。非メタリックのおかげで劇中のイメージに近づきました。
胸部はボリュームが増し、筋肉質な印象。


Kuga_sinkocyo009.jpg
肩。旧版のように盛り上がったデザインではなく、胴体から肩にかけてのなだらかなデザインを再現。


Kuga_sinkocyo010.jpg
腕。手首側の丸いマークが大きくなり、デザインにメリハリが。


Kuga_sinkocyo011.jpg
アークル。全体的に各部の塗装がよりはっきり目立つように。


Kuga_sinkocyo012.jpg

Kuga_sinkocyo013.jpg
マイティ・ドラゴン・ペガサス・タイタンの対応色はもちろん、左右のリント文字も再現。


Kuga_sinkocyo014.jpg
膝。赤いマークが大きくなっているような。


Kuga_sinkocyo015.jpg
足。旧版と違いダイキャストではないですが、その分関ジョイントが目立たないように。
先っちょのジョイント軸は仕方ないか。


-Movable-


Kuga_sinkocyo016.jpg
首可動に特に問題はなし。


Kuga_sinkocyo021.jpg
腕関節はギリギリまで曲がり、肩は90度以上可動。
ジョイント部の一新で、旧版のように肩パーツがポロリする危険はなくなりました。


Kuga_sinkocyo017.jpg
引き出し機構は目立つ仕組みはなし。


Kuga_sinkocyo040.jpg
ちなみに下腕ロールも実装。特に重要というものでもありませんが。


Kuga_sinkocyo018.jpg
腰は上半身と下半身の2軸で可動。旧版で問題だったロール可動も、今回は360度回転可能。


Kuga_sinkocyo019.jpg
脚関節に関しては、実は旧版と殆ど差異なし。強いて言うなら脚そのものが少し前に出せるようになったくらい。


Kuga_sinkocyo020.jpg
開脚に関しては、実は旧版よりも劣化してたりする。
しかしそこまで大きな差はないですし、何より接地がバツグンなので問題はなし。

総じて新骨彫らしい、優秀な可動域と言えるでしょう。


-Items-


Kuga_sinkocyo022.jpg
付属品。サムズアップ手首と平手3種のみ。


-Bundodo!!-


Kuga_sinkocyo031.jpg
決めポーズ。


Kuga_sinkocyo030.jpg
敵の様子を探るのもあってか、マイティの時は平手がメインのポーズが印象的。


Kuga_sinkocyo023.jpg
変身ポーズ。超変身する時とかはわざわざ一連のシークエンスを挟んだりする。雄介の拘り。


Kuga_sinkocyo024.jpg
マイティ初戦闘時の決めポーズ。


Kuga_sinkocyo025.jpg
ちょっと近づけて。


Kuga_sinkocyo028.jpg

Kuga_sinkocyo027.jpg
腰を落としたパンチシーンも決まる決まる!
インファイトするのではなく、あくまでも効果的な一撃を的確に与えていくイメージで。


Kuga_sinkocyo026.jpg

Kuga_sinkocyo029.jpg
キック。なんか俺がやると単にダダこねてるようなポーズに見えなくなかったり。


Kuga_sinkocyo032.jpg
そしてこれをやらねばクウガは始まらない。


Kuga_sinkocyo033.jpg
大地を踏み鳴らしながらダッシュ!


Kuga_sinkocyo034.jpg
勢い付けてジャンプ!


Kuga_sinkocyo035.jpg
クルッと一回転。そして…


Kuga_sinkocyo036.jpg
放て!強化マイティキック!


Kuga_sinkocyo038.jpg
そして着地ポーズ。


Kuga_sinkocyo037.jpg
正面から。このポーズなくしてクウガは終わらない。


Kuga_sinkocyo039.jpg
最後はサムズアップ。お疲れ様でした。
以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークウガ マイティフォームのレビューでした。



◆評価点
・優秀すぎる造形&可動
・平手の細かな違いを再現した付属手首


◆不満点
・手首の数自体は旧版より減ってる



総合オススメ度:★★★★★

最早語るべきことは多くありません。巷での評判通りです。
真骨彫製法という卓越した技術によって蘇ったその造形美は芸術品クラス。
まさに「原点にして頂点」といったところ。お前がフィギュアーツナンバーワンだ。

…それにしてもホワイトバランスを統一したおかげで変に背景の色が変わることは少なくなりましたが、
その分写真自体が全体的に暗くなってしまっている気が。まだまだ修行が足りんですな…


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/07/15 14:48 ] S.H.フィギュアーツ | TB(0) | CM(6)

レビュー乙です。
初販は多くの難民が出たクウガ、自分も地元のイオンにあった最後の一つを運良く買えて知人に自慢してましたw
個人的には付属品が少ないのがちょっと不満でしたね。キック時に脚に纏わせる炎エフェクトくらいは欲しかったかなと。
次はディケイドと響鬼さん除けば旧アーツ順に出てるみたいですがキバフォームはどうなりますかねえ・・・。
[ 2015/07/15 15:55 ] [ 編集 ]

赤のクウガ

どうも。真骨彫クウガ、ついに購入されましたか。

このフィギュアはもう本当に実物スーツがまんまアクションフィギュアになったと言っても過言でない程の一品です。
ドラゴンやタイタンもこのクオリティで出して欲しいとこですね。
[ 2015/07/16 18:41 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

アクション重視様、コメントありがとうございます!

>キック時に脚に纏わせる炎エフェクトくらいは欲しかったかなと。

あれは「炎を纏ったキック」というより、「足裏が微かに燃えている」ようなポーズだったので、
エフェクトに関しては特に不満は感じてません。クウガは様々なフォームがあることが有名ですが、
どれも属性で圧倒するのではなく、刻印を打ち込むことで初めて必殺技になることを再認識しました。

>次はディケイドと響鬼さん除けば旧アーツ順に出てるみたいですがキバフォームはどうなりますかねえ・・・。

その流れだとキバのエンペラーフォームが出たあたりで立体化しそうですね。もう少し先でしょうか。
[ 2015/07/17 15:26 ] [ 編集 ]

Re: 赤のクウガ

RGM-122様、コメントありがとうございます!

>ドラゴンやタイタンもこのクオリティで出して欲しいとこですね。

難しいでしょうな… 真骨彫ブランド自体が特別枠で、基本フォームのみのリリースみたいですし。
出してくれればもちろん嬉しいのですが。
[ 2015/07/17 15:28 ] [ 編集 ]

Re:赤のクウガ

再コメント。
この真骨彫クウガ、確かに現在発売されたフィギュアーツの中でも1、2を争う出来ですよね。
財団Bも本当に良い仕事してくれました
[ 2015/07/17 20:05 ] [ 編集 ]

Re: Re:赤のクウガ

RGM-122様、コメントありがとうございます!

この真骨彫クウガの出来栄えの良さに関しては、多くの難民を出したことが証明してくれることでしょう。
というか、ここまでプレ値ついたフィギュアーツもそうそうないのでは…
[ 2015/07/23 21:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/950-9f84f1f8