今週のバトルスピリッツ 烈火魂 17話

バトルスピリッツ烈火魂<バーニングソウル> 第17話 『不死身、紫の罠!』

烈火ep17 0

このシーンから察するに、武蔵ではカード環境がアルティメットバトル時代のままなんですね。
烈火伝が未発売のカードであればソウルバーストが幻のカード扱いされてても無理はないですが…
S級バトラーには最新のカードが供給されるとかそういうシステムなのかな?

まあ考えただけ無駄な考察だとは思う。うん。
とことん闇に堕ちてしまった初代主人公…
思えば田村女史の演じたバシンは赤色使いの絵に書いたような熱血少年。蘭丸とは何もかもが正反対なんだよなぁ。
でもこっちの役の方がハマりきってるから好印象。単にバシン時代はキャリアが薄かっただけなのかもしれませんが。

バトルはまあ、戦術もそうですが何より兼続に対する精神攻撃が印象的でしたな。
作中でも言及してましたが、元々兼続に助言を与えたのは他ならぬ蘭丸。
彼の与えたカードで馬鹿正直に挑もうなど、勝敗の行方は最初から決まってたようなものだったんですね。
ぶっちゃけ勝ち負けだけならクロハガネはそこまで大した意味を持ってなかったと思うんだけど…
以前の兼続VS早雲の、「相手の手の内を知った上でのバトル」を形を変えて再現してるようで何とも皮肉。
愛の名の下にバトルを行う兼続も、所詮は蘭丸の掌の上で踊らされていたピエロ。
皆さんは得体のしれない不審者からレアカード渡されてもホイホイと使用しないように気を付けましょう。

で、蘭丸は「計画の仕上げ」ということで、兼続の部下を引き入れ謎のテロ行為を開始。
兼続の名前だけを借りてバトラーのデッキを差し替えてしまうという暴挙に… 肝心の計画の内容が不明なので何とも言えませんが、
こういう行為は兼続の名前がデカい状態(武蔵を統一していた時代)にやるのが1番効果的だと思うのですが、何故蘭丸はすぐに計画を移さなかったのでしょう?
あ、だからこそ前回で蘭丸は兼続のことを煽ってたのか。「バトルするの? しないの?」って。
んでもって蘭丸自体はバトルしろとは言ってないしなあ。とことん蘭丸のピエロだったわけですね彼は。

サルのお面も相まって不気味な余韻を残したお話でしたが、次回はどうやら過去話。センゴク・グレンドラゴンも久々に登場するみたい。
ストーリーを進めるうえでも過去エピは重要ですからね。きっちりやってほしいです。
関連記事
スポンサーサイト

お久しぶりです

どうも。たしかに、あの世界のカード流通事情はよく分かりませんね。モブたちも烈火伝のカードは使っているので、烈火伝は発売してるのだと思います。ソウルバーストだけが特別なのですかね。
次のパックではアルティメットが復活することが決まってます。アニメに出ると思われるのですが、そこでギャラリーがアルティメットを知らなかったらもうギャグですね。ありそうで怖いですが。
私は蘭丸は好印象でした。幸村たちの小競り合いの後だと、より高いレベルの人が映えます。全体的に、キャラごとの魅力というか、個性がやっと出てきたのかなと思います。最所は色が違うだけのチンピラたちだったので。
面白い、面白くなる要素はあると思うので、今後に期待ですね。応援してます。
[ 2015/07/30 11:24 ] [ 編集 ]

Re: お久しぶりです

バトスピ大好き様、お久しぶりです。コメントありがとうございます!

>次のパックではアルティメットが復活することが決まってます。アニメに出ると思われるのですが、そこでギャラリーがアルティメットを知らなかったらもうギャグですね。ありそうで怖いですが。

ありそうで怖い…と言うより、確実にあると思います。
「呪滅が効かない!? どうなってんだ!」とかいうシーンが挿まれたらまんま最強銀河そのもので笑ってしまいそうですw

>全体的に、キャラごとの魅力というか、個性がやっと出てきたのかなと思います。

正に別格といったところですね。明らかに兼続たちのような小勢力とは見ているものが違う、というものを感じられます。
キャラクターの魅力に関しても同意です。あまりケレン味は感じられませんが、その分クセもない感じですね。
その分、このままの方針で進めるとグダグタになりそうなので、何か一発大きなパンチの効いた展開が欲しいですね。
[ 2015/08/02 21:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/969-8820738d