S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーマリカ ピーチエナジーアームズ レビュー

Marika_peachenergy001.jpg
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーマリカ ピーチエナジーアームズ
販売価格:5184円 ※プレミアムバンダイ限定販売

そういえば、ちょうど今の頃合いが桃を美味しく食べられる時期ですね。
バンダイもそれを見越してこの時期に発送したのかもしれません。
でも10月発送予定のサクランボ(シグルド)は7月頃が食べごろらしいです。やはり偶然だったか。

というわけで、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーマリカ ピーチエナジーアームズをレビューいたします。
・本体のデザインについて
・可動範囲について
・付属品について
・ブンドドについて
・総評

Marika_peachenergy002.jpg
仮面ライダーマリカ ピーチエナジーアームズ

湊耀子が変身するアーマードライダーで、TV本編に限れば本作唯一の女性型ライダー。
名称はアラビア語で「女王」を意味する「マリカ」に由来する。モチーフは「中華」の鎧。
ゲネティックライドウェアの色はピンク。ステアリングアイの形状は双眼。
所属はユグドラシル・コーポレーションだが、オーバーロードによる沢芽市侵略・凌馬に見限られたことで凰蓮と共にビートライダーズと行動を共にする。
当初のゲネシスドライバーは凌馬が発動したキルプロセスによって破壊され、その後は凌馬の遺品となったドライバーを使用して変身している。
デザインは中華風にアラビアの要素も加わっている。頭部の形状はモモの他にモスクもイメージしている。


久方ぶりの女性ライダーがフィギュアーツにて立体化。
筆者と女性アーツとの相性の悪さはキュアハートで確認済みではありますが…コンプリートには避けられません。
むしろ女性アーツだけあって他のアーツとの作りの違いは明白。きっちり見なければいけませんね。

-Design-


Marika_peachenergy003.jpg

Marika_peachenergy004.jpg
フロント&リアビュー。
女性らしくほっそりしたプロポーションが魅力的。スーツのピンクの部分には薄くパールが吹かれている様子。
ただ全身のピンク塗装はやや薄めな気がするんだよなぁ…劇中と比べると。


Marika_peachenergy005.jpg
顔。ステアリングアイ内部は相変わらずのソーダ装飾が施されています。塗装も特に問題なさそう。


Marika_peachenergy006.jpg
後頭部は更に濃いめになったピンク。人によっては中央の合わせ目らしきものが気になるかも。


Marika_peachenergy007.jpg
胴体。こちらも小さく作られていますね。塗装も造形も問題なし。


Marika_peachenergy008.jpg
右肩のジューシーな肩アーマー。


Marika_peachenergy009.jpg
左肩には男性ライダーには見られなかった小さな肩当てが。


Marika_peachenergy010.jpg
腕。内部の赤線の装飾がやや薄めな気がするも、許容範囲内かな。


Marika_peachenergy011.jpg
ゲネシスドライバー。言うに及ばない造形。


Marika_peachenergy012.jpg

Marika_peachenergy014.jpg
前掛け(というかスカート?)も装飾部がきちんと塗装されています。
野暮ったさはなく、ところどころ折り目のような造形で布らしさを出しているのも特徴。


Marika_peachenergy013.jpg
脚。細い。


-Movable-


Marika_peachenergy015.jpg
首の可動には問題なし。強いて言うならちょっと首が外れやすい。(ポロリと言うほどではないですが)


Marika_peachenergy016.jpg
腕の曲がり具合はこんな感じ。細いせいか関節パーツがやや目立つ。


Marika_peachenergy017.jpg
肩の上げ幅は、右肩が水平までいってませんね。男性ライダーよりも少し劣るかも。


Marika_peachenergy039.jpg
引き出しは並み程度。


Marika_peachenergy018.jpg
腰は問題なく一回転。


Marika_peachenergy019.jpg
脚関節はこの程度。膝立ち余裕。


Marika_peachenergy020.jpg
開脚はこの程度。前掛けが邪魔ですが、ぶっちゃけ言えばそんなに開脚するポーズもないですしね。接地はそこそこ。

総じて本体の可動はアクションする上では問題なく高可動と言ってよさそう。


-Items-


Marika_peachenergy021.jpg
付属品。


Marika_peachenergy022.jpg

Marika_peachenergy023.jpg
親の顔より見たであろうソニックアロー2種。


Marika_peachenergy024.jpg
ロックシードも装着可能。


Marika_peachenergy025.jpg
ピーチエナジーロックシード。造形には相変わらず抜かりがありません。
形式番号はやっぱり読みにくい。


-Bundodo!!-


Marika_peachenergy026.jpg
風貌から察するに余りある強者の風格


Marika_peachenergy028.jpg
男譲りのパワフルなポーシングもいいですが、


Marika_peachenergy027.jpg
劇中では身軽なアクションが目立ってましたね。フィギュアで表現するとなると難しいけど…


Marika_peachenergy029.jpg
一方射撃ポーシングはどのライダーも似通った形になりがち。


Marika_peachenergy030.jpg
弓ライダーのサガってヤツですなぁ、はあ。


Marika_peachenergy038.jpg
なんだかんだで静かに佇ませるのが1番セクシーな感じがした。


Marika_peachenergy031.jpg
とりあえずジンバー鎧武と組まさざるを得ない。


Marika_peachenergy032.jpg
特別な能力なしに、格闘と射撃だけで合間見えるその泥臭い戦闘は劇中屈指とも言えるかも。


Marika_peachenergy033.jpg
これで中の人が本人だというのだから本当に驚き。


Marika_peachenergy034.jpg
で、1度はミッチの裏切りで敗北に喫したマリカでしたが…


Marika_peachenergy035.jpg
2回目は鎧武側のほぼ一方的な戦い。パワーレースにはついていけなかった…


Marika_peachenergy036.jpg
なんやかんやで雑魚を蹴散らしてばかりで対人戦だと戦績よろしくないんだよね。あなたはプリキュアにはなれない…


Marika_peachenergy037.jpg
以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーマリカ ピーチエナジーアームズのレビューでした。



◆評価点
・良好な造形&可動
・きちんと平手付属


◆不満点
・ピンク色の濃さが人によっては気になるかも
・やや割高な価格


総合オススメ度:★★★★★

鎧武アーツらしい優秀な出来栄えです。
デュークに平手が付属されていなかったので不安でしたが、ちゃんと付属されているようで一安心。
ピンク塗装も気にならない人は大丈夫そうだし、そもそもバランスが良いのでフィギュアとしてのクオリティは十分でしょう。

…それにしても解せないのが価格設定です。
・鎧武 ジンバーレモンアームズ 4860円
・斬月・真 メロンエナジーアームズ 4860円
・デューク レモンエナジーアームズ 4860円
・バロンレモンエナジーアームズ 5000円
・マリカ ピーチエナジーアームズ 5184円


ななな、なんで高くなった!?付属品の仕様的にはむしろ鎧武の方が高く設定されてもおかしくないはずです。
塗装に苦労したせいかしら。それとも全身に施されたパール塗装のせい?
う~むむ、解せません。ライダーに関わらず女性アーツは何故こんなにも高いのか。

キュアハートを最後(というか最初)に女性アーツは購入を避けていましたが、そろそろ復帰の頃合いかも。
でも今から揃えるのはなぁ。…プリンセスプリキュアが立体化したら考えます。何年後になるかな。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/08/03 22:33 ] S.H.フィギュアーツ | TB(0) | CM(6)

レビュー乙です。
鎧武は未視聴なんですが貴重な女性ライダーアーツということで自分も購入しました。
ファムが股関節可動イマイチだったので心配してましたが普通に動かしやすくて良かったですね。
キバーラも楽しみですが朱鬼とかは・・・出ないですよねぇ
[ 2015/08/04 14:13 ] [ 編集 ]

ピーチエナジーアームズ!

どうも。
マリカのフィギュアーツは私のでは手元に届いて早々とブログに出しましたよ。
面白消しゴムの桃を持たせたりしてます。

これでウチのフィギュアーツの♀ライダーも2人になりました。
ただ、ファムとマリカでは扱いがまた違うな・・・
マリカは戦闘能力高いけど、ファムにはそういうイメージはないし(『ドラゴンナイト』のセイレーンは強いけど)
[ 2015/08/04 20:04 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

アクション重視様、コメントありがとうございます!

鎧武は未視聴でしたか。鎧武VSマリカの戦闘はかなりの見応えがあるので視聴して、どうぞ。

>朱鬼とかは・・・出ないですよねぇ
そもそも響鬼が真骨彫のみのリリースのあたり、今後のラインナップが不安しかないですね…
[ 2015/08/08 00:50 ] [ 編集 ]

Re: ピーチエナジーアームズ!

RGM-122様、コメントありがとうございます!

>ただ、ファムとマリカでは扱いがまた違うな・・・

ファムは劇場版専用ライダーですからね。変身者も元々は一般人でしたし。
ただマリカの変身者である耀子は実力者の雰囲気を佇ませながらも戦績がしょっぱいのが残念です。
[ 2015/08/08 00:58 ] [ 編集 ]

そういえば本編の方で戦極が「君はまだ真の力をだしていない(意訳)」的なことを言っていたんですけど、結局真の力に関してはなかったことにされてましたね。
後戒人もそうなんですけど彼女もキャラをもう少し掘り下げてほしかったですね。
[ 2015/12/24 23:44 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

七シン様、コメントありがとうございます。

確かに鎧武には思わせぶりな描写をして殆ど触れられない設定が散見されましたね。
鎧武外伝では一部キャラのバックボーンなどが描かれましたが、本編のうちにやってほしかったという気持ちもあります。
良くも悪くも個性的なキャラばかりですから、素材としては一流といったところでしょうか。
[ 2015/12/26 10:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/974-44eec4d3