RG 1/144 ガンダムアストレイ レッドフレーム レビュー

Astray_redframe001.jpg
RG 1/144 ガンダムアストレイ レッドフレーム
メーカー小売価格:2700円

複数雑誌での同時連載といい、シナリオ作者が同じといい、
何だかビルドファイターズA/D(並びに他シリーズ)もアストレイと同じ道を歩みそうな気がするのは気のせいでしょうか。

あとホワイトバランス狂ったせいでまたコロコロ色が変わるようになってしまった…申し訳ない。
そろそろカメラも換え時だな…

というわけで、RG 1/144 ガンダムアストレイ レッドフレームをレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは取説内で指示されたシールのみ貼った素組みの状態です。
・本体のデザインについて
・可動範囲について
・付属品について
・ブンドドについて
・総評

Astray_redframe002.jpg
MBF-P02 ガンダムアストレイ レッドフレーム

ヘリオポリス崩壊に際し、ジャンク屋のロウ・ギュールにより発見され彼の愛機となる。
フレームの色の赤はオーブでナチュラル用の機体を表す色で、ナチュラルが操縦することを前提に開発された検証機である。
アニメ『SEED』本篇の第1期オープニングにゲスト出演している。
作中では先んじてナチュラル単独の操縦機となったが、ロウは擬似人格コンピュータの「8」をシステムに繋げてサポートを受けている。ベースOSにも積極的に手を加えており、蘊・奥老人から伝授された剣術や、
八極拳らしきデータなど、様々な情報を上書きしている。
先行3機のアストレイの中でも原型を留めている方だが、右腕はゴールドフレームとの
初戦以降ヘリオポリスで回収していたP01の物を移植した状態となっている。
オプションに関しては150ガーベラやパワーローダーなど奇抜さで他のアストレイの追従を許さず、
それらはほとんどロウが自作したもの。主武装であるガーベラ・ストレート以外の武装は必要に応じ装備される。


このところHGのラッシュが色々と激しすぎていつの間にか発売しちゃった感のあるレッドフレームがRGにて立体化。
SEEDシリーズがRG化するのは久々ですね。相変わらず総数は多いけど…
作品のシリーズは今となってはオワコン扱いされていますが、肝心のキットは今を生きれるのでしょうか?

-Design-


Astray_redframe003.jpg

Astray_redframe004.jpg

Astray_redframe005.jpg
フロント&サイド&リアビュー。
近年のリリースキットの中ではかなりシンプルなデザイン。それ故かプロポーションも特に歪な部分はないですね。いい感じです。
そんなことより細部のデザインが凄いことになってます。分かる人にはこの時点で分かるかも…


Astray_redframe006.jpg
顔。アストレイらしく細身。
スリット周囲部の白い装甲がやや大きめに感じるかも?頭頂部のセンサーはクリアパーツ。


Astray_redframe007.jpg
横から。ヒサシは結構長いですね。イーゲルシュテルンは小さすぎてほぼ判別不可能。


Astray_redframe008.jpg
胸。ここは特に語る部分はないかな。色分けとか細部のディテールとかもいい感じ。


Astray_redframe009.jpg
ただ上から見ると、左右に付いている赤いマークがHGに比べて小さくなったな、といった感じ。


Astray_redframe064.jpg
コクピットハッチ展開。ヘソの部分にある白と赤のパーツ部が邪魔して結構開けづらい。


Astray_redframe014.jpg
バックパックはこの通り。赤いパーツ部が小さいながらもかなりのディテールが盛り込んであります。
バーニアの造形もしっかりしています。


Astray_redframe010.jpg
肩。前の部分と上の部分で白装甲の色が違うのがお判りかな?


Astray_redframe011.jpg
後ろ側。こちらは真っ赤っか。


Astray_redframe012.jpg
腕。上腕と前腕で赤色の濃さが微妙に違います。
ダブルオーは腕が異様に短く感じましたが、こちらはそうでもないです。


Astray_redframe013.jpg
HGでは色分けされなかった前腕部の白い部分も、きっちり色分けされるように。少し細くなりましたかな?


Astray_redframe015.jpg
フロントアーマー。赤いパーツがやや鋭利になった印象。


Astray_redframe016.jpg
リアアーマー。HGよりもカラフルになったかな?


Astray_redframe018.jpg

Astray_redframe017.jpg

Astray_redframe019.jpg
脚。多分アレンジが1番多い部分。白いアーマーの部分がとにかく細くシャープになった印象。


Astray_redframe020.jpg
足。RGの例に漏れず(?)やけに小さくなりました。


Astray_redframe021.jpg
HG(右)と比較。腕の太さなど細かい違いはあるものの、プロポーションは殆ど同じと言っていいですね。
その代わりデザインがかなり変貌していらっしゃる様子。


Astray_redframe022.jpg
特に脚は比較するとその差は歴然です。皆様はどちらが好みですか?


-Movable-


Astray_redframe023.jpg
首可動には特筆すべき点はなし。


Astray_redframe024.jpg
肘関節は90度ちょい、肩は見ての通り120度くらいは上がってますね。


Astray_redframe025.jpg
引き出し機構はあまり考慮されてるとは言い難いかも。


Astray_redframe026.jpg
腰は問題なく一回転。


Astray_redframe065_20150806192807d3d.jpg
腰の前後左右の振れ幅はかなり少ないものの、リアアーマーを可動させればこのように腰を倒すことは可能。
見てくれがかなり悪くなりますが…


Astray_redframe027.jpg
膝関節はこの程度曲がります。膝立ちも特に問題なし。


Astray_redframe028.jpg
HGと違ってフロントアーマーが可動するものの、上げ幅はそこまで大差ない感じ。


Astray_redframe029.jpg
開脚は余裕の180度全開。

総じて本体の可動はRGらしいと言えばそうなのですが、
剣士(というか侍)タイプにはキツイ、腕の引き出しがやや機能していない点が気になります。


Astray_redframe031.jpg
ちなみにバックパックのサーベルラックは丸軸接続なので回転させることが可能。


Astray_redframe032.jpg
設定通りバックパックは下に倒すことができます。
これはもしかしなくてもプレバンでフライトユニットが発売されるということか…?
※HGのフライトユニットは接続不可能です


-Items-


Astray_redframe030.jpg
付属品。


Astray_redframe039.jpg
ビームライフル。エネルギー食いその1。
大きさは殆どHGのものと同じ。


Astray_redframe040.jpg
分かりにくいですがセンサーはクリアグリーンパーツを使用。


Astray_redframe041.jpg
フォアグリップが動くので両手持ちも可能。


Astray_redframe038.jpg
後ろ腰にもマウントできます。


Astray_redframe042.jpg
シールド。パーツ構成はHGと殆ど同じ。大きさはほんの少しHGよりも長くなりました。


Astray_redframe043.jpg
接続はHGと同じく肘パーツにジョイントを合わせます。
グリップもあるので手首で保持させることも可能。


Astray_redframe037.jpg
ビームサーベル。エネルギー食いその2。
サーベル刃はエネルギーが放射されている(?)イメージのある特別なタイプのものが2本付属。


Astray_redframe054.jpg
ガーベラ・ストレート。レッドフレームの代名詞である太刀です。


Astray_redframe055.jpg

Astray_redframe056.jpg
鞘は独特のアレンジデザインが施されており、各部に精密なディテールが彫りこまれています。


Astray_redframe058.jpg
刀身は銀メッキパーツを使用。
サイズはHGとほぼ同じですが、刀身には「血流し」のデザインが描かれているなど、とにかく造形面の作りこみが半端ないです。


Astray_redframe059.jpg
唾の部分。鬼の顔が描かれているという徹底さ。


Astray_redframe057.jpg
柄の部分も、分かりにくいですが鬼の顔らしきものが。


DSC06066.jpg
更に刀身の柄の部分には分かりにくいですが「菊一文字」の文字が彫られています。
この部分は柄に隠れて見えないはずなのに、この拘りよう。誰がここまでやれと言った。


Astray_redframe060.jpg
ただし唾近くのラインの部分は金色に塗装されていません。残念。


Astray_redframe061.jpg
鞘は脚の付け根近くに装着するようになっています。
この状態だと結構アンバランスな上に、抜刀する時にちょっと腰を落とす必要があるという… ジジイか。


Astray_redframe062.jpg
一応、専用パーツを使えば設定通りに腰にマウントすることも可能。
ただしかなり外れやすい上に、脚可動にも少し支障をきたします。
見栄え重視なら腰、ポーシング重視なら脚といったところでしょうか。レビュー内では腰に装着してます。


Astray_redframe033.jpg

Astray_redframe035.jpg

Astray_redframe034.jpg
なおアストレイといえば、それぞれ指が白く塗られているのも特徴ですが、
握り拳・武器保持用手首・平手パーツはそれぞれ赤一色で、簡易エモマニュは指が白一色というトンチンカンなことになってます。
まあMGでも色分けされなかったくらいですし、あまり責めすぎるのは酷でしょう。


Astray_redframe036.jpg
なお何故か平手パーツは左手しか付属しません。これに関しては意味不明。


Astray_redframe044.jpg
一般的なアストレイ武装でフル装備。


Astray_redframe063.jpg
ロウカスタムでフル装備…というかガーベラ・ストレートだけ装備。
刀がスゲーデカイですね…


-Bundodo!!-


Astray_redframe045.jpg
そんじょそこらのジャンク屋とは違うMSは飛び方も違う。


Astray_redframe048.jpg
エネルギー食いビームライフル。構え方に問題はなし。


Astray_redframe049.jpg
最初のうちの主武装ではあるものの、エネルギー効率面で結構不遇な武器でした。


Astray_redframe047.jpg
というかまあ、ジャンク屋のロウに正規武装なんざ似合わないでしょうな。


Astray_redframe052.jpg
エネルギー食いビームサーベル。ほんとアストレイってとことん燃費悪いですね…


Astray_redframe051.jpg
でもブルーフレームに切りかかった時のポーズは最高にカッコイイ。ビームサーベル最大の活躍シーン。


Astray_redframe053.jpg
まあでもやっぱりロウに正規武装は似合わないし、何より菊一文字と被るからここでやめ。


Astray_redframe066.jpg
抜刀する時は簡易エモマニュで。右平手があればなぁ。


Astray_redframe067.jpg
そして抜刀! 刀を掴む手は保持用手首なので指が赤くなります。


Astray_redframe068.jpg
HGとかで印象的な持ち方。先述の通り引き出し機構があまりよくないので、
両手持ちのポーシングはちょっと窮屈。


Astray_redframe069.jpg
カッコよく構えるだけならまだしも、切りかかったりするのは結構辛いかと。


Astray_redframe070.jpg
なので両手持ちっぽくしたい時は左手を平手にして添えてあげるのがベストでしょうな。


Astray_redframe072.jpg

Astray_redframe071.jpg
もちろん片手の保持だけでも安定性は良好なのでポーシングの幅はあります。
あまり型にはめすぎるというのもロウっぽくないですしね。


Astray_redframe074.jpg
そして忘れてはならないのがゴールドフレームを撃退した新必殺技の光雷球。
この場合は右平手パーツが欲しかったな…


Astray_redframe075.jpg
以上、RG 1/144 ガンダムアストレイ レッドフレーム のレビューでした。



◆評価点
・RG独自解釈の造形美
・ガーベラ・ストレートの造形の拘りよう


◆不満点
・腰が外れやすい
・鞘の腰マウント用パーツが外れやすい
・各手首の成形色のチグハグっぷり
・右平手未付属


総合オススメ度:★★★★☆

プロポーション自体に目立つ点はなく、良くも悪くもスッキリとした無駄のない印象です。
それだけにデザインのアレンジが際立ちますが、RGアレンジデザインの中では最も好みと言えるかもしれません。
何よりガーベラ・ストレートの造形の拘りようが凄い! ここまで精巧に作られているとは思わなかった。
1/144サイズでここまで真摯にガーベラ・ストレートと向き合ったスタッフの努力には感服いたします。

ただ見過ごせない点もちょいとあり。
個体差かもしれませんが、やたら腰が外れやすく、腰を捻ったポーズをとろうとする時は大抵上半身と下半身が分離します。
大人しく接着してしまうのが吉かと。
後は右平手が欲しかったかな。光雷球のポーズはエモマニュより平手パーツの方が見栄えいいだろうし。
過去のRGシリーズでも、よほど最初期の者でない限り平手パーツは付属してきたので、守ってほしかったな。

RG特有のパーツ分離の危険はあるものの、造形の作りこみは本物です。
今までレッドフレームを多くのブランドで立体化してきた甲斐があったというところでしょうかね。
1/144サイズに秘められたディテールとガーベラ・ストレートを皆様もお楽しみください。スミイレ大変かもしれないけど…w


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/08/06 20:50 ] ガンプラ(RG) | TB(0) | CM(14)

ここまでスタイリッシュとは!

RGアストレイは例のPVでものすごく良く動いてて感動しましたがやはりすごいディテール量…というか結構アレンジが効いているんですねー
脚部とかかなりシャープで…

完全新規フレームということでどんなものなのか気になっていましたが出来は良さげで安心。
ただ右平手ェ…
まぁRGの手首ジョイントは3ミリボールのようなので自作してしまうのもありではあるんですがその場合塗り分けなどが大変なんですよねー…
そして一番驚いたのが何と言ってもガーベラストレート。
細かくモールドが彫り込んであるだけでなくまさか菊一文字の文字まで…
この辺りはさすがバンダイと言ったところでしょうか。
[ 2015/08/06 21:35 ] [ 編集 ]

早速のレビュー、ありがとうございます!!!
非常に参考になりました。
顔のスリットは・・・やっぱりなんか違和感ありますね。
でも買ってしまうと思います。

写真のいくつかに、お股にジョイントが付いたままのものがあるようですね。
少し笑ってしまいました。
そのままでも味があっていいですよ。
[ 2015/08/07 10:10 ] [ 編集 ]

このレッドフレームのかっこよさよ…

RGは今まで買ったことなかったのですが、今のところ初めてRGで買ってみようかな、と思ってたところのレビューでありがたいです。
HGのユニバースブースターやビルドブースターを持っているのですが、ジョイント等を利用してつけたりはできないんですかね?
それができれば、まさに自分だけの俺ガンダム(俺設定込み)を作れそうなもんですが…。
プレバンで発売するにしてもフライトユニットも嫌いではないですが、どうせならカレトヴルッフでレッドドラゴンや、タクティカルアームズⅡLでレッドフレーム改を再現したいところですね。
[ 2015/08/07 14:40 ] [ 編集 ]

>作品のシリーズは今となってはオワコン扱いされていますが
マジっすかwwwww 
とはいえ外伝的な扱いのシリーズでここまで長期展開で、しかもその主役機が結構な回数プラモ化されてるヤツはかなり珍しいんじゃないでしょうか?
正直RGまで出してくるとは思ってなかったww
[ 2015/08/07 16:56 ] [ 編集 ]

レビュー乙です。
RG用の画稿ではふくらはぎふっと!と思ってましたがいい感じにメリハリついてますね。
菊一文字も気合い入ってて素晴らしい。
でもやっぱり右平手は欲しかったですよねぇ。なんでそういうとこ手を抜くのか。
まあ素体の出来は良さげなんで天ミナも出して欲しいところですね。
[ 2015/08/07 18:20 ] [ 編集 ]

デザインのアレンジはMGとほぼ同じと言っていいほど違いはないのでMGの縮小版キットて感じですね
鞘を腿に取り付ける方式もMGのレッドフレーム改が由来のものでRGの独自解釈ではないですし
RGの設定画稿はMGと同じでアストレイのデザイナーである阿久津氏が手掛けてる上に、元々複雑なデザインの機体ですからMGのアレンジから変えてくることは出来なかった感じですね
メタルビルドのゴールドフレーム天ミナですらアストレイ共通分はMGでのアレンジを準拠してますし
[ 2015/08/07 19:12 ] [ 編集 ]

Re: ここまでスタイリッシュとは!

(´゚д゚`)(仮)様、コメントありがとうございます!

>まぁRGの手首ジョイントは3ミリボールのようなので自作してしまうのもありではあるんですがその場合塗り分けなどが大変なんですよねー…

おまけにレッドフレームは指をいちいち白く塗る必要があるので本当に手間がかかります。
公式の塗装例でもオミットされてるあたり、塗るのを諦めてるのでしょうか。
ガーベラストレートを持たせると嫌でも手首が目立つので、この辺は作りこむべきですね。
[ 2015/08/08 01:03 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

しゅん様、コメントありがとうございます!

顔スリットは多くから不評の声があるようですね。
私の場合は「なんか立体感ある。かっけー!」とばかり思っていたので気にしてませんでした。

>写真のいくつかに、お股にジョイントが付いたままのものがあるようですね。

なんてこった… でもお笑い要素があってもいいかな?w
[ 2015/08/08 01:17 ] [ 編集 ]

Re: このレッドフレームのかっこよさよ…

ユウ様、コメントありがとうございます!

>HGのユニバースブースターやビルドブースターを持っているのですが、ジョイント等を利用してつけたりはできないんですかね?
ストライクのバックパックジョウイントと形が違うので、装着は無理ですね。
どうしても装着したいのであれば、ジョイント軸を改造するしかなさそうです。

>プレバンで発売するにしてもフライトユニットも嫌いではないですが、どうせならカレトヴルッフでレッドドラゴンや、タクティカルアームズⅡLでレッドフレーム改を再現したいところですね。
腕に自信のある方なら戦国アストレイを作ってしまう方もいるかも…?

[ 2015/08/09 00:09 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ff様、コメントありがとうございます!

>>作品のシリーズは今となってはオワコン扱いされていますが
マジっすかwwwww

巷では「風呂敷広げすぎ」「設定変更ひどすぎ」などの散々な評価のようです。終わるタイミングを見間違えたようですね…
とはいえどご指摘の通り腐っても長期連載シリーズなので、何だかんだでついて行ってるファンの方は多いみたいです。
[ 2015/08/09 00:15 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

アクション重視様、コメントありがとうございます!

右平手は恐らく「右手は刀を構えて、左平手を添える」というポーズを推奨してるのでしょうが…
どちらかと言うと、最近は可動手首の方の需要の方が減ってきているような…w
天ミナのようなボリューム大のRGも欲しいですね。ギミックの再現とか大変でしょうが…
[ 2015/08/09 15:40 ] [ 編集 ]

HGのフライトユニットと甲乙つけがたい

HGのフライトユニットでこの時から造形が良かったのですがRGはRGならではの造形美になりましたね
しかしRGの宿命とも言うべきかポロリがあるのはちょっと・・・
とはいえ、これだけ広い可動範囲があるのは素晴らしいです
おそらくプレバンでフライトユニットや改のパーツを販売するのだと思うのですが、HG版のパーツも同じように販売してほしいものです(無理だと思いますが
[ 2015/08/10 01:22 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ケイ様、コメントありがとうございます。

柄の接続については修正いたしました。ご指摘ありがとうございます。
本体のアレンジは確かに難しいようですが、それを1/144サイズに落とし込むのは流石としか言いようがないです。
[ 2015/08/12 15:23 ] [ 編集 ]

Re: HGのフライトユニットと甲乙つけがたい

レグルス様、コメントありがとうございます!

HGのものはスタイルは良いのですが、色分け面で少々割を食らっているので、
造形の美しさに特化したRGの方が私的には気に入ってますかね。腰は外れやすいですが…
売上によって今後のプレバンリリースも決まりそうですが、最低限でもブルーフレームは発売してほしいです。
[ 2015/08/16 09:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/976-77f9f7be