HGCE 1/144 フリーダムガンダム レビュー

Freedomgundam001.jpg
HGCE 1/144 フリーダムガンダム
メーカー小売価格:1944円

HGガンプラとROBOT魂の発売日が近くなることってたまーにあるけど、
発売日が同日なのって今回が初めてなんじゃないのかな。

というわけで、HGCE 1/144 フリーダムガンダムをレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。
・本体のデザインについて
・可動範囲について
・付属品について
・ブンドドについて
・総評

Freedomgundam002.jpg
ZGMF-X10A フリーダムガンダム

パトリック・ザラの指示のもと、国力・物量に劣るザフトが奪取したG兵器のデータを注ぎ込み、統合3局によって開発された試作型MS。
兄弟機であるZGMF-X09Aと共にC.E.71年4月1日にロールアウト。「ナチュラルに正義の鉄槌を下し、コーディネイターの真の自由を勝ち取る」旗印となるべく、X
09Aは「ジャスティス」、本機X10Aは「フリーダム」と命名された。
形式番号の末尾は eXperiment Atomic を略したものであり、「試作機 核動力搭載型」を意味する。
単機で多数の敵を相手に圧倒的戦闘力を示しうる対地球連合の切り札となるべく、
Nジャマーの効果を打ち消す「ニュートロンジャマーキャンセラー」を搭載した核エンジンを動力としたことで、
無限に近いエネルギーを獲得(『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の時期ではユニウス条約に違反しているが、その点を問題視する描写はなかった)。
それにより兵装の大幅な出力向上と従来機を遥かに上回る稼働時間延長を両立し、
PS装甲もダウンしなくなった(ただし、弾薬、推進剤、酸素などには限りがあるため、完全なスタンドアローンではない)。
安定稼働と制御を実現するため、専用のモビルスーツ・ネオ・オペレーション・システム「G.U.N.D.A.M Complex」が実装されている。
外見はG兵器の特徴部分を反映した意匠となっている。フェイズシフトのカラーリングは
ホワイト・ブルー(レッド)・ダークブルー系を基調としたトリコロール。
額にはイタリア数字で10を指す単語と共に「X-10A DIECI」の文字が彫ってある。
エターナルに属してからは識別番号「101」を使用した。


HG-REVIVE-第3弾としてHG界に舞い降りる剣、フリーダムが立体化。
旧版であるHGフリーダムの発売から約12年。早いもんですなぁ。
HGCEで何故リヴァイブ版なのかと疑問に思う商品タイトルですが、その出来栄えや如何に。

-Design-


Freedomgundam003.jpg

Freedomgundam004.jpg
フロント&リアビュー。体系のバランスはかなり良いのですが、とにかくバインダーが重いッ!
普通に畳んでるだけじゃ間違いなくすっ転びます。ある程度広げたうえで、脚の関節の位置を整えてやっとこさ自立可能に。
気になる点としては、少々首が埋まりぎみな部分ですかね。


Freedomgundam005.jpg
顔。アンテナの再現度はいい感じですが、フリーダムはもうちょっとキレ目の方が似合うと思うのよね…


Freedomgundam007.jpg
斜めから。
頬の部分のグレーのパーツと、中央の白いパーツの位置が微妙に異なるのがお分かりでしょうか?
(グレーのパーツの方がやや前に突き出てる)
パーツの位置的には問題ないはずなのですが… もともとこういう設定だったっけ?


Freedomgundam006.jpg
胴体。灰色ダクトこそフリーダムの証。色分けは問題ないですね。


Freedomgundam008.jpg
肩。きちんと赤い部分もパーツで色分けされています。
モールドが非常に薄いので、なんか野暮ったい感じ。


Freedomgundam009.jpg
内部バーニアもちゃんと青色で色分け。


Freedomgundam010.jpg
腕。パーツ構成はストライクではなくリヴァイブ版ガンダムのような構成に。


Freedomgundam011.jpg
フロントアーマー。こちらも色分けは問題ないですが、ディテールがないのでちょっと寂しい。


Freedomgundam013.jpg
クスィフィアスレール砲。先端と後ろ側の赤い部分はホイルシール。


Freedomgundam015.jpg
差し替え無しで展開可能です。


Freedomgundam016.jpg
フォアグリップも可動し、手首で保持することが可能。劇中で使ったっけ…?


Freedomgundam014.jpg
脚。細かいバーニア以外は特に色分けに不備無し。


Freedomgundam017.jpg
バインダー。中身がぎっしりなので凄く重い。


Freedomgundam018.jpg
こんな感じで展開可能。中にはバラエーナレール砲もちゃんと内蔵されています。


Freedomgundam021.jpg
なおバラエーナは赤い細いラインがホイルシールでの再現。
結構バインダーと干渉するから剥がれ易い…


Freedomgundam019.jpg
全開…所謂「ハイマットモード」で素立ち。この状態であれば自立は安定します。


Freedomgundam020.jpg
ハイマットモードでもきっちりバラエーナを構えることは可能。
ただし頭部アンテナ(白い方が)干渉するので、真っ直ぐ向けるのはほぼ無理。


Freedomgundam022.jpg
なお取説では触れられてませんが、バインダーを閉じた状態でのバラエーナ発射状態も再現可能です。
所謂「フルバーストモード」ですが、近年ではバインダーを広げてバラエーナを撃つ方が「フルバーストモード」と呼ばれてるそうですね。


Freedomgundam030.jpg
RG(右)と比較。プロポーションに大きな違いはないですが、強いて言うならRGの方が胴体デカめかも。
バランス面ではHGCEの方が上手ですかね。


-Movable-


Freedomgundam023.jpg
首可動に特に問題なし。


Freedomgundam024.jpg
肘関節は結構ギリギリまで曲がります。
肩は構造がリヴァイブ版ガンダムと同じなので、かなり上まで上がります。


Freedomgundam026.jpg
腕の引き出しも意外に可動してくれました。


Freedomgundam025.jpg
腰は通常だとここまでが限界。一回転させるにはかなり浮かせる必要があります。


Freedomgundam027.jpg
膝関節はこんな感じ。膝立ちはちょっと調整が要ります。
そもそもバインダーが重すぎて全然膝立ちが安定しない…


Freedomgundam028.jpg
開脚は腰レール砲が干渉するのでこの程度。接地性もそこそこ。


Freedomgundam029.jpg
後はつま先も曲がるようになりました。

総じて本体の可動は優秀と言っていいでしょう。
そもそもフリーダムって空中に浮いてばかりだし、接地性とかはそこまで気にしなくてもいいかも。


-Items-


Freedomgundam031.jpg
付属品。


Freedomgundam033.jpg
ビームライフル。青いラインはホイルシールで再現。


Freedomgundam032.jpg
設定通り後ろ腰にマウント可能。


Freedomgundam034.jpg
アンチビームシールド。左側の赤い三角形の部分はホイルシール。


Freedomgundam035.jpg
なお保持はグリップのみ。丸形で安定性は低いです。
一応、前に構えるとかの利点はありますが…


Freedomgundam036.jpg
ラケルタビームサーベル。SB-13タイプのビーム刃が2本付属。
柄は腰レール砲の上にマウントしてるのですが、とにかくポロリしまくって仕方ない。


Freedomgundam037.jpg
連結させてハルバード状態に。RGと比べて保持が楽。


Freedomgundam038.jpg
基本フル装備で素立ち。丸腰だとなんか「コレジャナイ感」が漂ってましたんで、
やはりライフルとシールドを持たせてこそのガンダムなのだとつくづく実感させられます。


-Bundodo!!-


Freedomgundam040.jpg
舞い降りる剣。
多分フリーダム買った全員がこのポーズとらせたがると思いますが、いったい何本の剣が舞い降りたんだ。


Freedomgundam041.jpg
基本的に空中移動なのでハイマットはデフォ。


Freedomgundam049.jpg
種撃ちっぽく。肩が上げやすくなったのでパースも決めやすくなりました。


Freedomgundam046.jpg
OPの構えっぽく。


Freedomgundam042.jpg
これは…多分シールドを構えつつ射撃してるんだと思います。


Freedomgundam050.jpg
不殺にもってこい、ビームサーベル。


Freedomgundam052.jpg
ハルバードよりも2刀流でバッサバッサ切り裂いてたイメージですね。


Freedomgundam051.jpg
敵を切り伏せて着地するシーンを再現したかったけど、
膝立ちがうまくいかずに単に脚をくじいたようなポーズに…


Freedomgundam053.jpg
ハルバードは確かプロヴィデンスガンダムと戦ってる時にやってたような。


Freedomgundam054.jpg
そしてガンダム無双とかではハルバードで突進するような技もありました。コーディネーターってすごい。


Freedomgundam043.jpg
飛行状態をやめてフルバーストモードに!


Freedomgundam044.jpg
この状態だと飛行能力が落ちるので、ハイマットとの駆け引きがフリーダム運用の要…かと思ったら。


Freedomgundam045.jpg
結局ハイマット・フルバーストで何でもアリに。
負債の愛を一身に受けた…というよりは最後の最後までいいように扱われてきた機体ってとこですかね。


Freedomgundam047.jpg
以上、HGCE 1/144 フリーダムガンダムのレビューでした。



◆評価点
・優秀な造形&可動
・ハイマット・フルバーストを再現可能



◆不満点
・シールドの保持がグリップ頼みの為、安定性が低い
・サーベルラックの安定性も悪い。
・平手未付属


総合オススメ度:★★★★☆

体系のバランスやパーツ構成は、まさに磨き抜かれた技術を実感させられる出来映えです。
劇中のアクション及びギミックは再現可能というポテンシャルも秘めており、本体の完成度は十分なもの。
ただしシールドの保持力やサーベルラックの問題点など見過ごせない点もあり。
何より今までのリヴァイブシリーズで付いてきた平手が付属されないことは残念でなりません。
組み上げてそのまま遊ぶよりは、もう一押し何か手を加えたいと思うようなキットだと思います。
月末にはカスタムパーツも発売されますし、本体の完成度もあって長く楽しめる一品だとは思いますので、
是非手をかけて作り上げたいところですね。(誰も筆者が作るとは言ってない)


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/08/06 23:29 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(12)

頬の板が色分けされる時代になったか…

フリーダムは旧HGがなんか残念な出来でしたが今回のREVIVE版ではそれらが改善されていてかなりクオリティも高そうでなにより…
ウイングがだいぶ大きくて迫力満点な代わりに自立しづらいというのはありますがそれは羽MSの宿命か…
展示のフリーダムも初代の隣で左手首落としてコケてましたし。
無茶振りモードことハイマット・フルバーストもちゃんとに再現できる技術があってこその新生なんですなー

ところで本文のバラエーナとレール砲が逆になってませんかね…?
[ 2015/08/07 00:01 ] [ 編集 ]

萎えました…

シールド手持ちっすか!?(ウイング系にV2ABがでしたね)兵器的&デザイン的に腕にマウントのが合理的と解釈してるんで本当にガッカリです。旧キットからマウントラッチを、無理なら腕ごと流用しようか検討します。


とはいえこのお値段でハイマットフルバ再現は魅力的ですわ。連合vsザフトシリーズのお手軽チャージショットで発動、乱用してました(笑)
[ 2015/08/07 01:49 ] [ 編集 ]

レビュー乙です。
個人的に頬のグレー部分は分割してほしくなかったですね。
無理に分けたせいでパーツに厚みが出てしまって顔がちょっと格好悪い・・・。
ガンマカグレーで塗れるんだから、そんなとこ色分けするならレール砲の赤ラインを色分けしてくれよと。
旧キットのプロヴィデンスは結構出来が良かった印象でしたがリバイブ化はされないですかね・・・。
ロボ魂がプレバン行きになってしまったし。
[ 2015/08/07 18:29 ] [ 編集 ]

「リヴァイブ」ってのは「オールガンダムプロジェクト」と同じようにあくまで短期間の商品化方針の企画名称なだけで
HGの新シリーズってわけではないと
WOLTさんはおそらくリヴァイブでも何でもなく突然ポンとリメイクされたHGCEストライクの存在が引っ掛かるのでしょうけど
出すタイミングのせいというか言葉遊びみたいなものですね
アストレイシリーズなんかも本来はHGCEとして出して良いはずのものでしたがHGSEEDでしたしほんとタイミングの問題です
[ 2015/08/07 20:34 ] [ 編集 ]

Re: 頬の板が色分けされる時代になったか…

(´゚д゚`)(仮)様、コメントありがとうございます!

旧HGは時期や技術の問題で低品質なのは致し方ないと思います。
RGと比べるとプロポーションも引き締まり、何よりバインダーが外れにくくなったのが大きいです。重いですが…

>ところで本文のバラエーナとレール砲が逆になってませんかね…?
なってました。わー恥ずかしい。修正いたします。
[ 2015/08/08 01:11 ] [ 編集 ]

Re: 萎えました…

Raynex様、コメントありがとうございます!

>旧キットからマウントラッチを、無理なら腕ごと流用しようか検討します。

無理せずともシールドのグリップを瞬着などで太らせれば安定しますよ。
シールド装備状態で武器を持たせたいのであれば別ですが…
それにしても腕の移植とは、アストレイのゴールドフレームの右腕の件を思い出します。

>とはいえこのお値段でハイマットフルバ再現は魅力的ですわ。連合vsザフトシリーズのお手軽チャージショットで発動、乱用してました(笑)

なんやかんやでハイマットフルバはフリーダムの象徴として気に入られてるんですね。
[ 2015/08/08 01:14 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

アクション重視様、コメントありがとうございます!

>無理に分けたせいでパーツに厚みが出てしまって顔がちょっと格好悪い・・・。

個人的にはシール貼られるよりパーツで分けてくれた方が嬉しかったのですが、
厚みがここまで問題になってくるとは予想外でした。削らねば…

>旧キットのプロヴィデンスは結構出来が良かった印象でしたがリバイブ化はされないですかね・・・。

どちらかと言うと私はストフリをリヴァイブ化してほしいですね。
[ 2015/08/09 15:43 ] [ 編集 ]

驚異的な変化を遂げたフリーダム

旧HGと比較しなくても分かるぐらい造形が良くなりましたね
これで安心してフリーダムを買うことができますw
旧HGではできなかったハイマットフルバーストができるようになったため、旧HG改造していた人にとっては感動ものだと思います(と言いつつもRGで実現していますが・・・w
ガンプラEXPOで初めて見たとき、シールドの色分けがしていたことに感動した思い出があります
[ 2015/08/10 01:33 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ケイ様、コメントありがとうございます!

言葉遊びみたいなもの、というのは何となく理解していました。
ですがHGCEフリーダムのパーツ構成そのものはリヴァイブ版ガンダムに準じてる部分が多く、
AGPの頃ではなく、リヴァイブの技術があってこそ立体化ができる、という意図を感じました。
[ 2015/08/12 15:31 ] [ 編集 ]

Re: 驚異的な変化を遂げたフリーダム

レグルス様、コメントありがとうございます!

フリーダムはガンプラとしては十分な出来栄えですね。
前々から思っていたのですが、RGはひょっとしたら新生HGの踏み台的な役割なのではないかと思ってしまいますw
[ 2015/08/16 09:38 ] [ 編集 ]

結局買ったのでこっちにも・・・

>多分フリーダム買った全員がこのポーズとらせたがると思いますが、いったい何本の剣が舞い降りたんだ。
知りたいかね?昨日までで5万と106本だ。レディ、今日の数字を
[ 2015/09/05 01:38 ] [ 編集 ]

Re: 結局買ったのでこっちにも・・・

ユウ様、コメントありがとうございます!

>知りたいかね?昨日までで5万と106本だ。レディ、今日の数字を

レディ「詳細は不明ですが、恐らくユウ様の元には確実に舞い降られたかと…」
[ 2015/09/05 15:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/977-fa0ef34d