映画に出てくるCV:東地宏樹の弓兵妖怪がくっそカッコイイ 25話

手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの25 『夏だ!ラストニンジャレース中間発表! 』

ニンニンep25 0

某餃子声優曰く、「餃子にニンニクは不必要。でもタレはきちんと使う」とのこと。
ニンニク入りでタレも使わずに餃子を食べた今回の話を見て、抗議の声が来る…かも?
久々の毛利脚本回です。
内容は氏の手がけた作風らしく、手堅く纏まったクセのない出来栄えといったところ。
メンバー6人での名乗りがない部分を除けば、比較的オーソドックスな「スーパー戦隊」らしいお話でした。
それでもドラキュラの数ある弱点の中で「ニンニク」を攻めるのはコメディなニンニンジャーらしく感じました。
何より今回の話全体で「餃子」は伏線としてもきちんと働いてましたしね。
餃子は栄養豊富ですし、ニンニクは夏バテ予防に最適な食材です。正に夏休みに特化したベストオブ料理。
ちびっ子たちもたくさん食べて、どうぞ。

またいつもと違って、きちんと天晴が「妹を心配する兄貴キャラ」として風花と接していたのが好印象かつ新鮮です。
というか、今までそんな描写がほぼ印象にないというのがむしろ不思議でなりません。
今までの天晴が「脳筋バカ」のようなイメージが固かったので、テコ入れとして「バカ兄貴」要素を入れてくれるとキャラに深みが増す感じですかな。
下山氏と毛利氏で、天晴というキャラをどう捉えているかの違いが如実に分かります。
(でも夢の何たるかを語ってる割には天晴って実質ニートよな)
手堅く纏めるも、きっちりニンニンジャーらしい良さも保つ脚本。やっぱー毛利脚本を…最高やな!

次回もどうやら毛利脚本のようです。もう折り返し地点ですね…
毛利氏は一話で纏める構成力が高い代わりに、後の展開に響く伏線描写などは控えている印象が強いので、
「夏休みスペシャル」という特別企画にあてはめるには最適な人選と言わざるを得ませんな。
何で前回は書いてくれなかったんだろう…

しかしよく考えると、何がどう「夏休みスペシャル」なのかさっぱり分かりませんなぁ…
関連記事
スポンサーサイト

ユミハリ・ジュウザ=サン「マグ…いやタマゴだ…」

吸血鬼が出てくるのに丸太は一本も出てこなかったニンニンジャーですが。
メインの風花、それを見守る天晴、推理とメシ・テロ・ジツで活躍するキンジと各々活躍が見れて良かったです(o^-')b
私は以前、風花をJK忍者らしくプリキュアらしくモラトリアムを描くべきとコメントしましたが。
夢や進路に悩む彼女にこういった体験をさせるシナリオはキャラに深みを与えた良い判断です、仰るように「バカ兄貴」要素が需要なんです主人公には。
私の危惧した通り、風花メイン回で対照的な前後回となってしまいましたw
 次回は「中間発表ランキング」ということで総集編的な物でしょうか?
大喜利もしているようですし結構謎めいてますね、何かとヘイトばかり集まる好天翁ですが、歌丸師匠に似てるのは好ポイントですw
[ 2015/08/17 14:33 ] [ 編集 ]

Re: ユミハリ・ジュウザ=サン「マグ…いやタマゴだ…」

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

毛利氏によるキャラ付けと設定の丁度よい汲み取りのおかげでスッキリとしたシナリオになりましたね。
下山氏にも、新しいことに取り組むよりも、こうしてきちんと過去エピや設定を踏まえたお話をしっかりとしてほしいですね。
[ 2015/08/23 10:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/989-743847d4


手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの25「夏だ!ドラキュラにご用心」

手裏剣戦隊ニンニンジャーの第25話を見ました。 忍びの25 夏だ!ドラキュラにご用心 風花が友達と買い物していると映画プロデューサーにスカウトされ、国際的人気俳優シルバー主演のドラキュラ映画のヒロインのオーディションを受けることになる。 会場に西洋妖怪ドラキュラがいると睨んだ霞は女装した八雲と凪と共にオーディション会場へ潜入する。 「女の子が集められたのは牙鬼軍団の作...
[2015/08/16 11:30] URL MAGI☆の日記