今週の仮面ライダードライブ 42話

仮面ライダードライブ 第42話 『女神の真実はどこにあるのか』

ドライブep42 0

メディックがハートの忠犬になることで超進化したのなら、
バンダイの忠犬である私はいつになったら超進化できるのでしょうか。
ワン、ワン!(迫真)
とりあえず言いたいことはたくさんありますが、
全部ひっくるめて一言で表すなら、終盤だというのにこれっぽちも盛り上がりません。
メディックの超進化にまつわる後付け感バリバリのエピソードや、小手先だけで敵を翻弄するゴルドドライブ、
相変わらずクソザコなスペックしか発揮できないタイプトライドロン。(今回に至っては戦闘シーン自体が少ないし…)
唯一のオアシスがハート(言うまでもなく敵サイド)ってどういうことだよ!
そもそもハートに対する「忠誠心」で超進化するって違和感しかありません。
今までのメディックやハートの態度から察すると、どちらかというと「異性愛」のようなものを感じていたので…
それを「犬を見る」ことで発現するというシチュエーションが何とも…orz

前々から長谷川さんの脚本には疑問を呈していましたが、ドライブの劇場版を見てある確信が持てました。
三条脚本では「困難に立ち向かっても、気合いと熱意で乗り切る主人公」を描いてるのに対し、
長谷川脚本では「困難に立ち向かう度に、悩み苦悶する主人公(そして最後には乗り越える)」という真逆の展開を描いてるんですよね。
(ドライブに限らず、両者の作風は別の作品でも如実に表れています)
両者を抜擢した理由としては、恐らく全体の話において展開のメリハリをつけたかったのだと思うのですが、
実際のところはメリハリというよりはデコボコといった感じで、両者の作風が全く混じり合ってない気がします。
正直ラストに向かって突き進むべき終盤の話でいちいちストップをかけてしまうのはどうかと思うんだよなぁ…
(そもそも3クールの出来栄えから鑑みるに、長谷川脚本そのものが不調気味にも感じますが)
三条氏の「王道熱血路線」、長谷川氏の「ダークで容赦ない作風」の両立を図るよりは、
最初からどちらかに特化させた方が良かったのでは、と感じました。実際三条氏が手掛けた劇場版は高評価ですし。
もっとも、全ては後の祭りなんですけどね…

何やらチェイスが霧子に対しての告白を行う… というシーンでの幕引きとなりましたが、
シチュエーションがどうもシリアスっぽくなく、加えて30日の放送では「本願寺課長が仮面ライダーになる(写真見た感じではコスプレ臭い)という展開が待っている為、
終盤のエピソードにさらにストッパーがかかるのではないかと不安が募ります。

◆◇◆劇場版のネタバレになるので、以下の内容はカーソルをドラッグして読んでね!◆◇◆

あと次回予告見た限りでは闇クリムさんが再登場するみたいです。
既に映画を見た方なら知っているでしょうが、本編で描かれた「闇クリムに支配された未来」というのは全てエイジの嘘っぱちであり、
そもそも闇クリム自体が実際に存在するかどうかも非常に疑わしいところです。(可能性は0ではない…はず)
それが本編に関わってくるとなると、一体全体どういうことなのでしょうか。期待がかかりますが、先述した不安もあるので…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/08/16 12:11 ] 仮面ライダードライブ | TB(1) | CM(6)

あー、やっぱり犬の件で同じこと思いましたかw
そうですよねえ。
ハートの忠犬と言えばやっぱりブレンさんです。
それにしても、よく進之介より剛の方が主人公っぽいと言われますが、それよりさらに主人公っぽいのがハートというのはどうなんですかねえ。
[ 2015/08/16 16:54 ] [ 編集 ]

ゲンさんの妻子持ちの設定は何処に行ったのだろう?

回想シーンでショウ君はお行儀よく「伏せ」をしていた仮面ライダードライブですが。
メディックの過去やら現在の性格になった経緯やらが後付で説明されても盛り上がりませんね
長谷川脚本回は作風もありますが伏線の種明かしも担当しているので作品全体にモヤモヤとした物を残します(-"-;A
 ここに来てブレンがキーパーソンになるのですがその場のノリでキャラが右往左往するのは感心出来ません。
フォーゼの速水校長もネタキャラとして視聴者に愛されるも、終わってみると何とも言えない気持ちだけが残ります。
超進化体が4人揃うとグローバルフリーズを起こせるようですがゴルドも超進化体の括りなのは納得できないというか…
 チェイスの霧子への告白で終わる引きでしたが、こういった「異種間の恋愛」はもっとシリアスに丁重に扱うべきです。
再び映画との関連も匂わせますし、ギャグパートと剛とチェイスの確執再燃で話が纏るのか不安です( ̄ω ̄;)
[ 2015/08/17 15:06 ] [ 編集 ]

トライドロン「お前らみたいな三流フォームの相手はもうごめんだ」 クリム・進ノ介「何のこったよ(すっとぼけ)」

 超進化をキーワードに相変わらず展開していますが、約束の数を揃えてどうしたいのか未だに分からない上にライダーがロイミュードを助けたり助けられたりカオスの様相を呈しています。蛮野も超進化体を自称していますが、タブレットの時から強かった上に今は金色なので多分本当でしょう(適当)。
 最終局面に向けてこれからどんどん展開するのでしょうが、3ライダーがいまいち結束していないのが気にかかります。もっとも敵も同じような状況なので大事に至っていないようですが。
[ 2015/08/18 01:47 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

児斗玉文章様、コメントありがとうございます!

ロイミュードの対人関係は我々の予想の範疇を逸脱してるみたいですね…

>それにしても、よく進之介より剛の方が主人公っぽいと言われますが、それよりさらに主人公っぽいのがハートというのはどうなんですかねえ。

終盤なんですから進ノ介にはもっとシャキっとしてほしいですね。
現段階でロイミュードとの戦いに1番消極的になってるのは進ノ介ですからね…
[ 2015/08/23 08:43 ] [ 編集 ]

Re: ゲンさんの妻子持ちの設定は何処に行ったのだろう?

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

>ここに来てブレンがキーパーソンになるのですがその場のノリでキャラが右往左往するのは感心出来ません。
フォーゼの速水校長もネタキャラとして視聴者に愛されるも、終わってみると何とも言えない気持ちだけが残ります。

ここいらのネタ偏重が仇になってきてますね…
高虎兄さんのように「視聴者的にはネタでも、実際の活躍面は真面目」というキャラならよかったのですが。
ただ単に視聴者の笑いを誘ってるようでは後が続きませんね。スタッフは分かっていないのでしょうか。
何だか終盤になるにつれてギャグ演出がすっかりくどく感じるようになってしまいました。
[ 2015/08/23 10:25 ] [ 編集 ]

Re: トライドロン「お前らみたいな三流フォームの相手はもうごめんだ」 クリム・進ノ介「何のこったよ(すっとぼけ)」

いくら仙人様、コメントありがとうございます!
>トライドロン「お前らみたいな三流フォームの相手はもうごめんだ」 クリム・進ノ介「何のこったよ(すっとぼけ)」

トライドロンキー「いいよ、来いよ! 腰(マッハドライバー炎)に付けて腰に!」


>蛮野も超進化体を自称していますが、タブレットの時から強かった上に今は金色なので多分本当でしょう(適当)。

そう言われると最早超進化の人数合わせというより金色の人数合わせとも言えますね…
でもメディックの超進化態のデザインってイマイチピンとこないんですよなぁ。

>3ライダーがいまいち結束していないのが気にかかります。もっとも敵も同じような状況なので大事に至っていないようですが。

終盤なのにライダー側も悪役側も結束していないのは十分ゆゆしき事態だと思います。
スケールが小さいまま終わってしまうのは納得できませんぞ!
[ 2015/08/23 23:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/990-64ca12e4


仮面ライダードライブ 第42話「女神の真実はどこにあるのか」

仮面ライダードライブの第42話を見ました。 第42話 女神の真実はどこにあるのか 純真だったメディックがロイミュードを治療するたびに恨み妬みなどの感情が刻み込まれていったようで、ロイミュードすら切り捨てる冷酷な存在となった理由が明らかとなる中、進ノ介達の前に黒いベルトをつけた蛮野が現れ、力を誇示するかのように金色のドライブに変身、進ノ介達に襲いかかってくる。 「さぁ、一...
[2015/08/16 12:29] URL MAGI☆の日記