HGBF 1/144 ガンダムドライオンⅢ レビュー

DSC06748.jpg
HGBF 1/144 ガンダムドライオンⅢ
販売価格:3024円 ※プレミアムバンダイ限定販売

MGアルトロンがプレバンで発売されること聞いて驚き。アレって一般販売されてなかったのね。
最近はプレバン商品のラインナップにどんどんプレミアム感がなくなってる気がしますゾ

というわけで、HGBF 1/144 ガンダムドライオンⅢをレビューいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。
・ドライオンⅢ本体のデザインについて
・リク・ウミ・ソラドライオンのデザインについて
・可動範囲について
・付属品について
・ブンドドについて
・総評

-Design- (ドライオンⅢ)


DryonIII001.jpg
まずはシール無しの状態から。


DryonIII002.jpg

DryonIII003.jpg
黒です。真っ黒です。サカイ君がガンプラ製作中に墨汁でもぶっかけてしまったのでしょうか。驚きの黒さ。
本体の色分けは全てシールで任されているので、シール無しの状態だと頭部以外は単なる黒いトライオン3です。


DryonIII004.jpg

DryonIII005.jpg
もちろんただ真っ黒というわけではなく、所々ジャーマングレーのような灰色になっており、
基本的には2色で成形色は構成されています。


DryonIII006.jpg
そしてこちらが付属のホイルシール。総数約60枚を誇り、トライオン3の比ではありません。


DryonIII007.jpg
そしてこちらがシールを全て貼り終えたドライオンⅢ。
取説には書かれてませんでしたが、形式番号は「煌黒機動」が正しい様子。
それ以外の設定は不明です。トライエイジによれば「ティターンズがトライオン3の設計図を盗んで作ったMS」だそうですが…


DryonIII008.jpg

DryonIII009.jpg
フロント&リアビュー。
ブラックのボディの随所に光る金色の装甲という、バンシィをリスペクトしたようなカラデザはまさしく悪役。
スーパーロボット臭の強かったトライオン3がカラデザ次第でここまで変貌するとは驚きです。


DryonIII010.jpg
顔。アンテナのみが新規パーツ。
マスラオ・スサノオを彷彿とさせるような鋭利なデザインが特徴的です。


DryonIII011.jpg
胸はリクドライオンの額にあたる部分に金色シールを追加。


DryonIII012.jpg
肩はフチにあたる部分をぐるっと金色シールで囲っています。


DryonIII013.jpg
ヒートウィングのシールは黒色に。ここは金色でも良かったんじゃないかな…
相変わらずモールドの上にシールを貼るので塗装派泣かせ。


DryonIII014.jpg
フロントアーマーは中央部と左右のフチに金色シールを追加。


DryonIII015.jpg
サイドアーマーにあたる部分も金色シールでアクセントを加えています。


DryonIII016.jpg
脚は中央近くのラインに金色シールを貼るように。反面、ダクト内部のシールはオミットされました。


DryonIII017.jpg
つま先にもシールが追加。


DryonIII018.jpg
後は背中アーマーのてっぺんにもシールが追加され、


DryonIII019.jpg
リクドライオンの前足にあたる部分もシールが追加されました。


DryonIII031.jpg
トライオン3と比較。
とにかく地が真っ黒ボディなので、数多くのシールでアクセントが加えられています。
貼るシールの量こそ多いですが、どれも大きめかつ貼りやすい場所に貼るようになってるので労力としては大したことなかったり。


-Design- (リク・ウミ・ソラドライオン)


DryonIII036.jpg
リクドライオン。どう見ても黒猫です本当にありがとうございました。かわいい。


DryonIII037.jpg
めぼしい変更点は前足にシールが足されたくらい。


DryonIII038.jpg
リクトライオンと並べて。どっちもかわいい。


DryonIII039.jpg
ウミドライオン。
カラーが統一されてるので、見た目の纏まり具合がアップ。


DryonIII040.jpg
頭部やヒレの部分など、シールが足されている部分が多く派手さもアップ。


DryonIII041.jpg
ウミトライオンと並べて。
完全に正義側ロボと悪役側ロボといった感じ。


DryonIII042.jpg
ソラドライオン。


DryonIII043.jpg
ウィングはクリアイエロー仕様に。クリアパーツと金シールのおかげで禍々しさもアップ。


DryonIII044.jpg
ソラトライオンと。頭部左右のシールを貼る必要がなくなったので、かなり作りやすくなりました。


-Movable-


トライオン3と全て同じです。そちらを参照に。


-Items-


DryonIII020.jpg
付属品。要するにトライオン3と同じ。


DryonIII022.jpg
ミノフスキートライザン…ではなく煌黒の超咆剣。遊戯王とかに出てきそうな名前です。
パーツ構成は単なるミノフスキートライザンのカラバリ。


DryonIII026.jpg
ビームサーベル。こちらは大層な名前もなし。
煌黒の超咆剣同様、カラバリ品です。


-Bundodo!!-


DryonIII032.jpg
ほぼ全身トライオン3と同じなので、動かし方もまんま同じ。
相変わらず可動範囲の狭さ故に動かしづらいです。


DryonIII028.jpg
ただしトライオン3とは違う悪役面ということで扱うこちらのテンションは全く別。


DryonIII027.jpg
黒いボディに輝く金シールが美しく、可動範囲こそ狭いものの中々楽しめます。


DryonIII029.jpg
ただやはり武装がまるっきり同じというのは流石に味気ない。


DryonIII030.jpg
アンテナだけでなく専用武装は欲しかったですね。ハンマーでもドリルでもいいですよ。


DryonIII024.jpg

DryonIII025.jpg
アンテナがより武将っぽくなったのでビームサーベルは凄く似合う。可動は悪いですが…


DryonIII021.jpg
煌黒の超咆剣も相変わらず取り回しが悪いです。サンライズパースもキツいキツい。


DryonIII023.jpg
こちらの方が見栄えはいいかな。柄を持たせるよりは唾を手で支えてやる方が安定しますね。


DryonIII034.jpg
正義のロボの前に突如現れた謎の黒きロボ!


DryonIII035.jpg
突如襲いくる謎の敵にトライオン3は勝てるのか!?
頑張れ僕らのトライオン3!


DryonIII033.jpg
以上、HGBF 1/144 ガンダムドライオンⅢのレビューでした。



◆評価点
・優秀な造形&カラーデザイン


◆不満点
・トライオン3の悪い点もまんま据え置き


総合オススメ度:★★★☆☆

ブンドドの窮屈さは相変わらずなので、やはり遊びにくいガンプラではあります。
ただ黒と金が織りなすカラーデザインは厨二心をくすぐられるものがあるのも確かです。
先述したようにシールの枚数こそ多いものの、細かい作業はそこまで必要とされないので、
塗装も比較的やりやすい部類だと思います。ガンマカゴールドでささっと塗ってあげたいところです。
可動の狭さ故に遊び勝手は悪いですが、素立ちで飾るにはこれ以上ないほどかっこいいガンプラだと思います。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/08/24 22:19 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/999-6b8abe0b